autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、環境に優しい水性塗装技術「アクアテック塗装」を海外工場に初導入

自動車ニュース 2016/4/14 13:58

マツダ、環境に優しい水性塗装技術「アクアテック塗装」を海外工場に初導入

関連: マツダ
アクアテック塗装を施されたマツダ ロードスターRF(マシーングレー)
マツダ「アクアテック塗装」マツダ「アクアテック塗装」

マツダは、独自の水性塗装技術「アクアテック塗装」を、中国江蘇省南京市にある車両生産拠点「長安マツダ汽車有限公司(CMA)」に導入した。この塗装技術を導入した工場は、2012年に導入が完了した日本の宇品第1工場に続いて2拠点目で、海外では初となる。

自動車の塗装工程では、従来、シンナーなどの揮発性有機化合物(VOC)を多く含む油性塗料を使用していたため、塗装工場から排出されるVOCの削減が自動車産業全体の大きな課題となっていた。VOC対策としては、水性塗料への材料置換などが一般的だが、水性塗装は水分を蒸発させるために多くのエネルギーが必要であり、CO2排出量が増加するという別の課題も。

「アクアテック塗装」は、塗装工程の革新によって、塗料やエネルギーなどの資源効率を飛躍的に向上させ、トレードオフの関係にあるVOC排出量とCO2排出量の同時削減を実現したマツダ独自の水性塗装システムで、2012年に宇品第1工場に導入した後も、その機能と使いやすさのさらなる進化を図ってきた。

今回のCMAへの「アクアテック塗装」導入にあたり、CMAと協働活動を行い、今まで培った技術を水平展開することで、現地での設備工事と塗料開発を必要最小限にとどめるなど、効率的な導入に成功した。そして、生産を止めることなくこれまでの油性塗装との並行生産を継続しながら、短期間で「アクアテック塗装」への移行を完了し、「ソウルレッドプレミアムメタリック」や「マシーングレー」などの高意匠カラーを含めた全カラーで、国内工場と同等の塗装品質を実現した。

マツダ株式会社 菖蒲田 清孝専務執行役員は、「高品質なクルマづくりと環境負荷軽減の両立は、自動車メーカーとしての責務です。世界中で高い評価をいただいている『魂動デザイン』を支えるマツダの塗装技術は、その象徴でもあります。これからも、日本をマザー工場としてものづくりの技術を培い、海外に水平展開することで、世界中のお客さまに高品質なクルマをお届けするとともに、地球環境の保護と豊かな社会づくりに貢献してまいります」と述べた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16