autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【F1 第5戦】 スーパーアグリ、琢磨17位、デビッドソン18位完走

自動車ニュース 2007/5/28 18:15

【F1 第5戦】 スーパーアグリ、琢磨17位、デビッドソン18位完走


第5戦モナコGP決勝レースで、SUPER AGURI F1 TEAMは、佐藤琢磨が17位、アンソニー・デビッドソンは18位完走だった。


■コメント
佐藤琢磨 (17位)

「タフなレースだったが、僕たちはベストを尽くした。僕はこのサーキットで可能な限りの走りをしたつもりだ。レースは渋滞があってとても難しかったが、コースがクリアなときはとても速く周回できたし、マシンもコンペティティブだった。しかし、モナコでは珍しくないことだが、何回か渋滞に引っかかり、それが僕のペースに大きな影響を与えた。2回目のピットストップの前の渋滞では、ポジションを上げるチャンスを逃してしまった。ベストを尽くしてうまく遅れを取り戻すことができたと思っているけれど、もっとスピードが必要だとも思う。ただ、この困難なモナコGPでフィニッシュすることができたのはすばらしいことだ」


アンソニー・デビッドソン (18位)
「このレースを完走できたこと自体は成功だったと思う。今日の午後、コースに出たときはグリッドポジションから考えてもあまりいい結果は期待できなかったし、スタートも平均的なものだった。ルノーの1台と一緒にターン1へ突入し、接触してしまった。それで、僕のノーズコーンに穴が開いてしまったんだ。しかし、マシンにはそれほど悪い影響が出なかったので、プッシュし続けることができた。そのあとのレース中盤、トゥルーリの後ろで抑えられている間に、マッサが1ラップ0.2秒ほどのペースで少しずつ追い上げてきていた。僕は距離が縮まるのを待って、彼に道を譲るタイミングを見計らっていた。ちょうど彼を前に行かせようと思ったときに、ドライブスルーのペナルティを科されたんだ。そのとき、彼はまだ僕の2秒ほど後ろを走っていたので、ちょっとフェアじゃないと思う。渋滞では僕は常にマナーを守ってきた。ほかのドライバーたちがブルーフラッグが出ても行動を慎まなかったから、もしかしたら、僕は見せしめのためにペナルティを科されたのかもしれないね」


鈴木亜久里
SUPER AGURI F1 TEAM チーム代表

「チームにとってはあまりいい週末ではなかった。このサーキットでは予選順位がとても重要だ。昨日のセッションがよくなかったので、難しいレースになることは予測していた。とはいえ、両ドライバー、そしてチームは今日もとてもいい仕事をしてくれたので、カナダではもっといいポジションで戦えることを期待している」



オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!