autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ、自動車リサイクル法に基づく2006年度再資源化等実績

自動車ニュース 2007/5/21 20:18

スズキ、自動車リサイクル法に基づく2006年度再資源化等実績

 スズキは、自動車リサイクル法に基づき、2006年度(2006年4月〜2007年3月)の特定再資源化物品(自動車シュレッダーダスト:以下ASR、エアバッグ類、フロン類)に関する再資源化等実績を公表した。

 スズキは、自動車リサイクル法により自動車製造業者等に義務付けられている特定再資源化物品について、お客様から預託を受けたリサイクル料金により適正処理・再資源化を推進し、その責務を果たしている。

 エアバッグ類、フロン類については、中間法人自動車再資源化協力機構、ASRについては、自動車破砕残さリサイクル促進チーム「ART(Automobile shredder residue Recycling promotion Team、呼称:エイ・アール・ティー)に処理を委託し、特定再資源化物品のリサイクルを適正、円滑かつ効率的に実施している。

 スズキが、2006年度の再資源化等に要した費用の総額は15億6,034万円、資金管理法人から払い渡しを受けた預託金は15億4,550万円、収支は1,484万円の赤字であった。特定再資源化物品の実績については以下の通り。

■ASR
 ・ASRの引取量は32,921t、取り扱った使用済自動車は307,103台だった。
 ・再資源化率は実績値71.7%、2015年法定基準値である70%を上回った。

■エアバッグ類
 ・エアバッグ類の引取総個数は52,391個、引き取ったエアバッグ類にかかわる使用済自動車は18,310台だった。
 ・再資源化率は実績値94%、法定基準値85%を上回った。

■フロン類
・フロン類の回収量61,662kg、取り扱った使用済自動車は204,349台だった。


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!