autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フィアット、新型フィアット500誕生50周年目にイタリアで発表

自動車ニュース 2007/3/30 11:19

フィアット、新型フィアット500誕生50周年目にイタリアで発表

 フィアットは、新型フィアット500 (チンクエチェント)を復活させる。この新鋭コンパクトカーを、本年7月4日にイタリア本国で発表する。

 フィアットが本拠地のトリノで「新フィアット500」を発表したのは1957年7月4日のこと。第二次世界大戦後まもなくして復活を果たし、文字通り当時の代表的乗用車になった。それからちょうど50年を迎えることになる2007年7月4日、フィアットはあらためて、新世代の「新フィアット500」を市場に投入、発売する。このニューモデルの導入は単に重要というにとどまらず、フィアットにとって、一連の経営再建の取り組みが完結し、新たな飛躍を目指すという重要な意味を持っている。

運転の楽しさを徹底的に追求したこの「新型フィアット500」の概要は以下の通り。

<開発>
 フィアット・スタイルセンター
<製造>
 ポーランドのティヒ工場
<ボディ形状、寸法>
 3ドアのコンパクトボディ
全長/3,550mm、全幅/1,650mm、全高/1,490mm、ホイールベース/2,300mm
<エンジン>
 ガソリン: 1.2リッター 8バルブ 69馬力
       1.4リッター16バルブ 100馬力
 ディーゼル: 1.3リッター16バルブ マルチインジェクション ターボ 75馬力
<トランスミッション>
 5速または6速のマニュアルシフト


※日本での発売は未定。

 
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!