autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、プレマシーを一部改良

自動車ニュース 2007/1/30 12:00

マツダ、プレマシーを一部改良

 マツダは、人気のコンパクトミニバン『マツダプレマシー』を一部改良した。

 今回の改良において、新型2.0L直噴ガソリンエンジン「DISI(ディジー)」および5速オートマチック変速機を一部モデルに採用、クラストップレベルの燃費(10・15モード燃費で15.0km/L)を実現すると同時に、従来の2.0Lガソリンエンジン搭載車に比べて出力・トルクともに向上させ、定評のある動力性能をさらに強化させている。機種構成については、ガンメタ塗装17インチアルミホイール、フロントフォグランプ、ステアリングシフトスイッチなどスポーティなアイテムを標準装備する「20Z(ニーマルズィー)」を新たに設定、同車のスポーツ感を一層深化させている。また、ボディカラーには質感の高さを感じさせる濃紫系の「ダークプラムマイカ」(マツダ初)と、人気の高い濃灰系の「ギャラクシーグレーマイカ」を追加することにより変り映え感を出している。

 『プレマシー』の車両本体価格は1,743,000円〜2,310,000円(消費税込)である。なお、今回の変更にあわせて、同車の福祉車両「プレマシー 助手席リフトアップシート」のベース車の仕様も変更する。

 
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!