autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ボルボ、新型C70の予約受付を開始

自動車ニュース 2006/12/19 18:14

ボルボ、新型C70の予約受付を開始

ボルボは、3分割リトラクタブル・ハードトップを備えたフル4シーターカブリオレ、新型ボルボC70の予約注文受付を2006年12月20 日(水)から全国のボルボ・ディーラーで開始する。

新型ボルボC70は、3枚のパネルから構成されるリトラクタブル・ハードトップ、大人4人が乗れる快適な室内空間と、カブリオレモデルとして世界初のドア内蔵IC/インフレータブルカーテン(頭部側面衝撃吸収エアバッグ)をはじめとした最新の安全装備を搭載した、ボルボの第二世代カブリオレモデル。先代C70は1997 年にクーペモデルとして日本市場にデビューし、2000 年にソフトトップをまとったカブリオレが登場、これまで1,200 台以上を販売。第二世代のC70は、新たに3分割のリトラクタブル・ハードトップを採用したことで、クーペとカブリオレモデルの魅力が1台にまとめられている。

ボルボ・カー・コーポレーション社長兼CEOであるフレドリック・アルプは、新型C70について「プレミアム・オープンカーの市場で確固たる地位を築くためには、一世代分のノウハウと時間が必要です。我々は非常に多くの知識を集積し、いっそう強固になった信頼性をもとに、この第二世代で初代の年間最高販売台数の倍である16,000 台の年間販売台数を予定しています。」と述べている。

実際に2005年秋から開始した販売は順調に推移し、特に北米、イギリス、ドイツでの売れ行きが好調であり、生産台数は当初予定の年間16,000台から18,500 台に引き上げられている。

価格はエントリーモデルのC70 が469 万円、上級グレードC70 T-5 が545 万円(消費税込)


ボルボ 新型C70 海外試乗レポート
リトラクタブル式のハードトップを採用したボルボ 新型C70。河村康彦がオープンモデルのボルボ C70を快晴のハワイ マウイ島でテストドライブ!
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!