autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタとマイクロソフトがアメリカに新会社を設立

自動車ニュース 2016/4/5 09:54

トヨタとマイクロソフトがアメリカに新会社を設立

関連: トヨタ

車両から得られる情報を集約し「もっといいクルマづくり」へ

豊田章男社長

トヨタはマイクロソフトと共同で、市場での車両から得られる情報の集約と解析、およびその結果の商品開発への反映を目的とした新会社「Toyota Connected, Inc.(TC)」を、米国テキサス州プレイノに設立した。

新会社は、トヨタのIT事業会社であるトヨタメディアサービスとマイクロソフトの合弁会社であり、車載通信機(DCM:データ・コミュニケーション・モジュール)が装着されたトヨタ車、レクサス車から得られる様々な情報を集約するトヨタ・ビッグデータ・センター(TBDC)の運用と、もっといいクルマづくりに向けたビッグデータの研究、活用を行っていく。

トヨタはかねてより、ビッグデータの様々な活用や人工知能技術との連携により、これからの社会が直面する様々な課題を解決し、将来の持続可能なモビリティ社会の実現はもとより、誰もが安心して安全・自由に、より豊かに暮らすことができる社会の実現を目指しており、TCの設立はそれに向けた重要な施策の一つである。

TCは、新しい北米トヨタの拠点となるプレイノに位置し、TBDCの管理や活用、サービスなどのトヨタの取り組みを集約することで、もっといいクルマづくりのための最先端のデータ解析をおこなうとともに、状況に応じた「つながる」サービスをユーザーに提供していく。

また、新会社は従来からのトヨタとマイクロソフトとの協力関係の上に成り立っており、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」を採用するほか、マイクロソフトの技術者が、データ解析やモバイル技術などの広いエリアでTCの業務をサポートしていく。

TCの事業範囲はお客様第一の考えのもと、車載サービスやテレマティクスのほか、クルマと家やIoTの接続、パーソナライズ化、健康と安全、クルマのスマートシティへの統合、関係会社への様々なサービス、フリートサービスなどに及ぶ予定。TRI*における研究など、現在行われている人工知能やロボット研究へもサポートを行っていく。

* TRI TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)

ヒックス社長「様々な面でお客様の生活を豊かにしていきたい」

トヨタが製品群ごとのカンパニー制に移行する中、TCは、つながる技術とデータサイエンス分野のグローバルな発展に向けて設立され、会長にはトヨタの専務役員である友山茂樹氏が、社長兼CEO(最高経営責任者)には、北米トヨタのチーフ・インフォメーション・オフィサーであるザック・ヒックス氏(Zack Hicks)が就任している。

TCの設立にあたりヒックス社長は、「TCは、お客様個人の習慣や思考に応じたテレマティクスサービスから、実際の運転パターンに合わせた保険料率モデルの構築、『つながる』技術を搭載した車両への道路状況や交通情報の提供にいたるまで、様々な面でお客様の生活を豊かにしていきたい」と語った。

また、マイクロソフトのコーポレートストラテジー・プランニング担当のエグゼクティブ・バイスプレジデントであるカート・デルベーン氏は、「トヨタは運転体験に、より高度な知能をもたらすための会社設立という、大きな一歩を踏み出した。データの力を用いて、運転をより個々に適した、直感的かつ安全な形に変えていくべく、TCと協力していくことを楽しみにしている」と語った。

新会社の概要

新会社の概要
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18