autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 2006 AUTOBACS SUPER GT 第8戦 決勝結果

自動車ニュース 2006/10/15 18:42

2006 AUTOBACS SUPER GT 第8戦 決勝結果

 オートバックス スーパーGT第8戦 スーパーGTイン九州300kmは10月15日、大分県・オートポリス(1周4.674km×65周)で決勝レースを行い、ザナヴィニスモZの本山哲/松田次生組が、今季初の優勝を果たした。
 3番手スタートとなったザナヴィニスモZの松田次生は先行する2台を抜き、レース序盤にトップに立つ。所定のピットイン後も本山がトップを走行。レース終盤にレイブリックNSXの細川慎弥の猛攻を受けるが、本山がトップを死守、日産系チームのエース車は待望の今季初勝利を挙げた。

 第8戦が終了して、残りは1戦。ドライバーズタイトルのランキングトップに立ったのは、3位となったレイブリックNSXのフィリップ/細川組。しかし、まだタイトルの可能性のあるドライバーは彼らの他に6組もおり、その行方はまだまだ分からない。タイトルが決まる最終戦は11月4、5日に富士スピードウェイ(静岡県)で開催される。

 GT300クラスは、プリヴェチューリッヒ・紫電が悲願のスーパーGT初優勝を果たした。この優勝で紫電の高橋一穂/加藤寛規組が、ドライバー・ランキングのトップとなり、最終戦で雨宮アスパラドリンクRX7、アネブルADVANヴィーマック320Rと雌雄を決することになった。

 なお、2位でゴールしたレイブリックNSXは、ピット作業に違反があったため、レース後に同車の決勝タイムに対し30秒を加算するペナルティが課された。この結果、決勝順位は、2位にタカタ童夢NSX、3位にレイブリックNSXとなった。
(観客:5万1200人)


■GT500クラス
Po No Machine Driver Time/Diff
1 23 XANAVI NISMO Z 本山 哲
松田 次生
1:56'15.613
2 18 TAKATA 童夢 NSX 道上 龍
小暮 卓史
0'07.925
3 100 カルソニック インパル Z セバスチャン・フィリップ
細川 慎弥
0'30.221


■GT300クラス
Po No Machine Driver Time/Diff
1 2 プリヴェチューリッヒ・紫電 高橋 一穂
加藤 寛規
1:57'46.532
2 18 雨宮アスパラドリンクRX7 山野 哲也
井入 宏/td>
0'12.268
3 100 DHG ADVAN FORD GT 光貞 秀俊
池田 大祐
1Lap

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!