autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【F1 第17戦】トヨタ、ファンの声援に応えダブル入賞!

自動車ニュース 2006/10/10 11:28

【F1 第17戦】トヨタ、ファンの声援に応えダブル入賞!


F1第17戦日本GP、トヨタファンの声援に応えダブル入賞!
“鈴鹿GP”をJ.トゥルーリ6位、R.シューマッハ7位ポイント獲得で締め括る

■コメント
ヤルノ・トゥルーリ (6位)

「日本GPでポイントを獲得出来たことは悪い結果ではないが、我々はもっと良い結果を期待していた。良いスタートを切ったが、最初のコーナーでアウト側に行こうとして行き場を失ってしまった。しかし、序盤は好調で、トップのペースに容易に追随出来た。最初のピットストップの後も、新しいタイヤで速いラップタイムをマーク出来、順位を上げることが出来た。しかし、2回目のピットストップの後は、苦しいレースとなってしまった。戦略は上手く行っていたが、最後のタイヤセットに若干の問題を抱えることとなり、最初の10周に渡って苦戦を強いられた。昨日と何が異なっていたのかを分析する必要があるが、今日は昨日よりも少し涼しかったことが、タイヤのパフォーマンスに何らかの影響を与えたのかも知れない。その後は、私のペースも改善されていったが、周回遅れも増え、行く手を阻まれ、それ以上のポジションアップは困難だった。さらなる好成績も可能だったとは思うが、重要なことは、コンストラクターズポイント争いのために、我々2人が揃ってポイントを獲得出来たということだ」

ラルフ・シューマッハ (7位)
「チームのために、2人で5ポイントを獲得出来たことは喜んではいるが、より良い結果が得られていたはずだ。上手くスタートを切り、3位を守って第1コーナーに進入出来た。実際に序盤、我々は順調で、最初のピットストップまで、前を行くライバルと同様のペースを維持出来た。ヤルノ・トゥルーリが新しいタイヤで私を先行し、その後はずっと彼の後でレースの大部分を過ごすことになってしまった。2回目のピットストップの後、彼は私よりも遅いペースとなり、追い越しを試みたが、それは非常に危険であり、ポイントの獲得すら失う危険を伴っていたために諦める決断をした。とはいえ、これまでの厳しかった2レースを考えれば、今日の結果は満足行くものだ」

新居章年 技術コーディネーション担当ディレクター
「日本GPで2台揃って完走、ポイントを獲得出来たことはチームとして喜ばしい。しかし、もっと良い成績を期待して応援していただいた皆さんには本当に申し訳なく、また残念だ。これは最後の給油ピットインでヤルノ・トゥルーリ車のバランスが崩れてしまったためであったが、この課題はしっかり分析し解決したい。この週末を通して見れば、手応えはしっかり感じ取ることが出来たし、チームも自信を深めることが出来た。次の最終戦ブラジルGPでは、是非良い成績で今年を締め括りたい」

冨田務 TMG会長 兼 チーム代表
「とても厳しいレースであった。そして、目標が表彰台であっただけに、大変残念だ。昨日の予選では素晴らしいグリッドポジションを得て、ドライコンディションも完璧であった。我々は、上手くスタートを切り、ヤルノ・トゥルーリがF.アロンソの果敢な攻めにポジションを譲ったものの、最初の給油ピットインまでは、トップと遜色ないペースで戦えた。我々の最初のピットインは、多くのライバルがピットインを開始する1周か2周前であり、戦略は間違っていなかった。ヤルノ・トゥルーリが新しいタイヤでラルフ・シューマッハの前に出たが、まだ我々のペースは充分に速かった。この段階では、まだ表彰台は現実的なものだった。特にその後、ミハエル・シューマッハが戦列を去ったこともあり、その可能性は高かった。しかし、残念ながら2回目のピットストップの後、ヤルノ・トゥルーリが不調に見舞われ、ピットアウト後10周に渡ってペースが落ちてしまった。原因は調査しなくてはならないが、その時点でより速かったラルフ・シューマッハもこの影響を受け、後続の数台に先行を許してしまった。このため、我々は6位と7位に甘んじることとなった。今日の結果からも、上位チームに対してまだ足りない部分があるということを再認識させられたが、それでも、セーフティカーの入らない、クリアなコンディションで上手く戦えたことには満足している。多くの声援をいただいたファンとスポンサー、そして、トヨタ自動車、関係各社に感謝の意を表するとともに、より良い結果とならず、申し訳ない気持ちだ」
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!