autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース シビック TYPE R プロトタイプがF1日本GPのオフィシャルカーに!

自動車ニュース 2006/10/3 17:22

シビック TYPE R プロトタイプがF1日本GPのオフィシャルカーに!


ホンダは、シビックのスポーツモデル「シビック TYPE R」(4ドア)のプロトタイプが、鈴鹿サーキットで開催される「2006 F1日本グランプリレース」において、開催期間中(2006年10月6日〜8日)、オフィシャルカーとして採用されることを発表した。なお、量産モデルは、来春、国内での発売に向け開発が進められている。

「シビック TYPE R プロトタイプ」(4ドア)は、2.0L DOHC i-VTECエンジン(220馬力以上)を搭載し、スポーツ・セッティングを施したサスペンションなどにより、高い運動性能を実現するとともに、ダイナミックで精悍なスタイリングとなっている。

このプロトタイプは、F1日本グランプリレース開催期間中、オフィシャルカー(レッドフラッグカー)として活躍するほか、鈴鹿サーキットのホンダブースにおいても展示される。

なお、イメージキャラクターには、Honda F1 Teamのジェンソン・バトンを起用。

また、2008年シリーズより、「ホンダ エキサイティング カップ ワンメークレース」の競技車両を、従来のインテグラ TYPE Rから、シビック TYPE R(4ドア)に変更。この競技車両の変更にともない、10月から「シビック TYPE Rプロトタイプ」(4ドア)による実走テストが鈴鹿サーキットやツインリンクもてぎをはじめとした、国内主要サーキットで行われる。

【シビック TYPE R プロトタイプ(4ドア)の諸元】
エンジン:2.0L DOHC i-VTECエンジン
最高出力:220馬力以上
寸法:全長4,540mm × 全幅1,771mm × 全長1,425mm

シビック TYPE R プロトタイプ 画像
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!