autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、アクセラが国内累計生産台数100万台を達成

自動車ニュース 2006/9/8 15:32

マツダ、アクセラが国内累計生産台数100万台を達成

 マツダは、アクセラの国内累計生産台数が、2006年8月末時点で100万台を超えたと発表した。2003年6月末の防府第1工場での生産開始以来、3年2ヵ月での達成となり、マツダ車として過去最短記録を更新した。

 アクセラは、『期待を超えるダイナミックスポーツコンパクト』のコンセプトのもと、コンパクトカーセグメントにおけるマツダのグローバル戦略車として、卓越したダイナミック性能や躍動感あふれるデザイン、クラフトマンシップによる高品質な仕上げなど、グローバル市場で通用する個性や価値を持つ車を目指して開発された。

 アクセラは、2004年度に欧州カー・オブ・ザ・イヤー第2位(日本車中第1位)やカナダ・カー・オブ・ザ・イヤーに選出され、これまで全世界で67もの賞を獲得するなど、メディアやお客様から高い評価をいただいている。こうした各国市場での好評を背景に現在も好調な販売を維持している。

 また、今年6月には、発売以来初のマイナーチェンジを行い、評価の高い内外装のスタイリング、ダイナミック性能、クラフトマンシップなどの領域を一層強化するとともに、燃費性能の向上、静粛性の改善、4WDの追加などを行った。同時に、2.3L DISI* TURBOエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル「マツダスピードアクセラ」(海外名:Mazda3 MPS/Mazdaspeed3)を新たにラインアップに加え、さらなる走りの楽しみを提供する。

 マツダスピードアクセラは、発売開始から8月末日までの約3ヵ月間ですでに838台の受注をいただいている。国内の販売目標台数である200台/月を上回っており、好調な滑り出しとなっている。


  
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!