autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース メルセデス・ベンツ、Eクラスラインナップを大幅改良

自動車ニュース 2006/8/28 23:02

メルセデス・ベンツ、Eクラスラインナップを大幅改良

 ダイムラー・クライスラーは、メルセデス・ベンツ Eクラス全ラインナップの内外装デザインや仕様を大幅に変更するとともに、全ラインナップを刷新し、最新鋭ディーゼルエンジン搭載の「E320 CDI アバンギャルド」、新世代V型8気筒エンジン搭載の「E550 アバンギャルドS」、及びトップパフォーマンスモデル「E63 AMG」を追加した。(E320 CDI アバンギャルドセダン/ステーションワゴンとE63 AMGステーションワゴンは予約注文を開始。)

 新型Eクラスの外観は、フロントグリルとフロントスポイラー一部の立体的な造形を強調するともに、ヘッドライト内のターンシグナル部に3本のフィンデザインをあしらい、よりアグレッシブな表情を与えている。リアビューはコンビネーションランプ(セダン)や、ハイマウントストップランプ(ステーションワゴン)のデザインを変更し、精悍なイメージを強調するとともに後続車からの視認性を高めている。また、ドアミラーの形状を変更し、後方視界の向上と高速走行時における風切り音低減を図っている。

 また、E300、E350、E550に採用した「アバンギャルドS」仕様は、AMGデザインのアルミホイールとボディパーツ、ツインクロームエグゾーストエンドを装備し、外観のダイナミックさを一層増している。

 E63AMGは、AMG社独自の開発により、378kW(514PS)の圧倒的なパワーとシャープなエンジンフィールを実現したDOHC 6.3L V型8気筒エンジンを搭載するとともに強化型エアサスペンションやブレーキシステムを装備したEクラスのトップパフォーマンスモデルである。

 E320 CDI アバンギャルドは、優れた環境性能と走行性能、経済性を兼ね備えたエンジンとして、ヨーロッパにおける乗用車の主流となりつつあるコモンレールディーゼルエンジンを搭載したモデル。新開発の3L V型6気筒CDI エンジンは、ピエゾインジェクターを用いたCDI(コモンレール ダイレクト インジェクション)やVNT(バリアブル ノズル タービン)ターボチャージャーなどの最新テクノロジーを駆使し、155kW(211PS)の最高出力と540Nm(55.1kgm)の最大トルクを発生する。環境適合性においても、綿密な燃焼制御や酸化触媒、高性能DPF(粒子状物質除去フィルター)を採用し、同排気量のガソリンエンジンよりはるかに少ないCO2排出量と日本の排出ガス規制に適合する優れたクリーン性能を発揮する。


※メルセデス・ベンツ Eクラス 新車発表会
   
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!