autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、スタディーモデル「Iroc」 ベルリンでデビュー

自動車ニュース 2006/8/28 22:56

フォルクスワーゲン、スタディーモデル「Iroc」 ベルリンでデビュー

 フォルクスワーゲンの新型クーペのスタディーモデル「Iroc(アイロック)」が、世界に先駆けて報道陣に公開された。ベルリン市内にあるテンペルホーフ空港の格納庫内に設けられた特設会場では、サーキットを模したストレートとコーナーバンクが再現され、フォルクスワーゲン ブランド会長のDr.ウォルフガング ベルンハルト自らハンドルを握る「Iroc」が、暗闇の会場を力強いエンジンサウンドを轟かせ、報道陣の前にヴァイパーグリーンのボディを浮かび上がらせた。

 「Iroc」の原型となる「Scirocco(シロッコ)」は1973年にデビュー。シロッコは、それまで培ってきた旧型ビートルの歴史を受け継いだ初代ゴルフやパサートとともに、新しい時代のフォルクスワーゲン ファミリーのクーペモデルとして、発売当初から大変な人気を博した。日本では1975年に初めて輸入され、世代を変えて1989年まで販売されていた。

 今回のスタディーモデルは、低燃費と高性能を両立したトランスミッション「DSG」や最新のツインチャージャーエンジン「TSI」をはじめとした最新技術を満載している。

  
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!