autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、トゥアレグの装備を充実

自動車ニュース 2006/8/24 12:53

フォルクスワーゲン、トゥアレグの装備を充実

 フォルクスワーゲンは、トゥアレグの装備を充実させ販売開始します。 また、この装備のアップグレードに伴い、モデル名に「シュトルツ(Stolz:ドイツ語で“誇り”、“プライド”の意味)」を付加し、「トゥアレグ V6 シュトルツ」、「トゥアレグ V8 シュトルツ」とすることで、従来モデルとの差別化を図る。

 今回装備を新たに販売する「トゥアレグ V6 シュトルツ」、「トゥアレグ V8 シュトルツ」は、発売以来3年を経たのを期に、エクステリアの変更や、お客様からの要望の高かったアイテムを標準装備とすることで商品力を高める。また、名称に付けられた「シュトルツ」によって、アップグレードされた内外装による特別感を表現している。

 パワートレイン、シャシーなどの基本スペックは、従来モデルから変更はないが、エクステリアはより堂々とスポーティになっている。特徴的なのは、7月に発表した12気筒エンジン搭載の特別限定車「トゥアレグ W12 エクスクルーシブ」と同様のエクステリアデザインパッケージが採用されている点。 エアロバンパー(フロント/リヤ)、サイドシルエクステンション、ルーフエッジスポイラー、クローム フロント エアインテークなどが、トゥアレグ シュトルツに力強さを付与。さらにアルミホイールも一新されている。

 インテリアでは、V8には標準、V6にはオプション設定されているウッドパネルが、Vavona(ヴァボナ)ウッドに変更され、レザーシートカラーは従来のアンスラサイト、ベージュの2色に加え、チークも選択できるようになった。さらに、全車にステアリングヒーターも標準装備される。

 「トゥアレグ V8 シュトルツ」には、チルト機構付電動ガラス スライディングルーフと、従来のV8モデルでのオプション装着率が9割を超えていたCDCエアサスペンションが標準装備(トゥアレグ V6 シュトルツはオプション設定)され、トゥアレグの上位グレードに相応しい装備内容になる。

 価格は「トゥアレグ V6 シュトルツ」が5,290,000円、「トゥアレグ V8 シュトルツ」は7,290,000円となる。


 
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!