autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース インディアン、新型「スプリングフィールド」を発売 ~東京モーターサイクルショーで展示~

自動車ニュース 2016/3/22 17:03

インディアン、新型「スプリングフィールド」を発売 ~東京モーターサイクルショーで展示~

インディアン スプリングフィールド
インディアン スプリングフィールドインディアン スプリングフィールド

ホワイトハウスオートモービルは、正規輸入販売元として取り扱うインディアンの新型モデル「SPRINGFIELD(スプリングフィールド)」を、東京モーターサイクルショー2016(会期:3月25日~3月27日)でお披露目、3月25日より販売する。

インディアン・モーターサイクル生誕地を名前の由来に持つ「スプリングフィールド」は、インディアンならではのクラシカルなスタイルとラクジュアリーな装備はそのままに、ツーリングモデルの軽快感とバガーモデルの利便性を併せ持つ新型モデル。

「スプリングフィールド」には従来のインディアン・チーフシリーズ同様のABS、クルーズコントロールといった充実装備に加え、ニューデザインのブラックレザースプリットシート、前後クローム・ハイウェーバー、デュアルドライビングライト、アジャスタブル・パッセンジャーフロアボード等が標準装備される。

また、ハードサドルバッグとフロントスクリーンはスプリングフィールド専用クイックリリースタイプとなり、ライダーの好みに応じて工具を使わず簡単に着脱が可能。

扱いやすさに定評のある1,811ccサンダーストローク111Vツインエンジンは最大トルク16.5kg-m(119.2ft.lb)を発生し、シャシーはソロライディングからタンデムツーリングまで多彩な使用環境に対応すべくスプリングフィールド専用チューニングが施された。

純正アクセサリーも充実しており、最大64リッターの収納スペースを持つ大型リアトランク、スプリングフィールド専用ウィンドシールド、ロアウィンドディフレクター、コンサートオーディオリッドなど多彩なカスタマイズパーツを設定した。

SPRINGFIELD(スプリングフィールド)

参考サイズ(mm):L 2,583×W 990×H 1,442 / 重量:372kg / 排気量:V型ツイン 1,811cc / トランスミッション:6MT / 価格(消費税込):322万円(サンダーブラック)/327万円(インディアンレッド)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!