autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【F1 第7戦】ルノー、アロンソ「モナコで勝つことは特別なこと」

自動車ニュース 2006/5/29 13:05

【F1 第7戦】ルノー、アロンソ「モナコで勝つことは特別なこと」



モナコのレースで、アロンソはポールポジションからノーミスで優勝。フィジケラは、9番グリッドからスタートし、6位入賞。

フェルナンド・アロンソ (1位)
「モナコで勝つということは、どのドライバーにとっても特別なことだ。僕の場合、2003年から挑戦を続けて、今回ようやく勝つことが出来た。レースに関しては、正直に言うと、ライコネンのスピードには驚いた。ルノーは、リアタイヤの磨耗がライバルに比べて激しいことがわかっていたので、ペースをコントロールしつつ必要なときはギャップを広げるようにしていた。ミシュランは、このレースのために素晴らしい仕事をしてくれた。ミシュランの全てのスタッフに感謝したい。ポイントランキングは、とてもいいポジションにつけている。タイトルを獲るためには、表彰台(3位以内)が重要だけど、これまで7戦中、7回表彰台に上っている。コンスタントに表彰台を獲得できることは、大きな強みだよ。」

ジャンカルロ・フィジケラ (6位)
「予選でペナルティを受けて、9番手スタートになった時点で、我々のレース戦略が台無しになってしまった。スタートして、とにかくプッシュするしかなかった。レースのほとんどを混雑した中団グループで走らなければならなかったけど、ロズベルグ、ビルヌーブ、クルサードをパスし、ライバルよりいいペースでレースを進めることが出来て、6位を獲得することが出来たよ。次のシルバーストーンは、2台揃って表彰台に立てるようがんばるよ。」

パット・シモンズ(エグゼクティブ ダイレクター オブ エンジニアリング)
「フェルナンドにおめでとうといいたい。この難しいサーキットで完璧にレースをコントロールしていた。このサーキットはリアタイヤに負担がかかるが、フェルナンドは必要なときに必要なペースを作ることが出来ていた。ジャンカルロは、本当にいいレースをしていた。抜けないモナコでこれだけ追い越しをし、アグレッシブにレースを戦った。中団グループの中でレースをしなければならなかったこと、セーフティーカーが入ったことなどもあり、これ以上の結果は求められないだろう。」
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!