autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、新型FCV「クラリティ フューエル セル」第1号車を経産省に納車

自動車ニュース 2016/3/17 18:48

ホンダ、新型FCV「クラリティ フューエル セル」第1号車を経産省に納車

官民一体で水素ステーション普及に取り組む

ホンダ クラリティフューエルセル
ホンダ クラリティフューエルセルホンダ クラリティフューエルセル

ホンダは、新型燃料電池自動車(FCV)「クラリティ フューエル セル」の第1号車を経済産業省に納車し、同省にて経済産業大臣政務官 星野 剛士氏とホンダ代表取締役社長 社長執行役員 八郷 隆弘氏が出席し、納車式を行った。

クラリティ フューエル セルは、FCVの本格普及を目指し、クルマとしての「普遍的価値」である実用性の高さと、時代の先端にふさわしい「先進的魅力」を備えたFCVで、3月10日(木)に発売された。

クラリティ フューエル セルは、ホンダ独創の技術により燃料電池パワートレインの小型化を図り、ボンネット内に搭載することで、セダンタイプのFCVとして世界で初めて5人乗車が可能となった。

また、1回の充填での走行距離を従来比で約30%延ばし、ゼロエミッションビークルで世界トップクラスの約750kmを達成した。

これにより、毎日の使用からロングドライブまで、日常のクルマとしての実用性が大幅に向上。一回あたりの水素充填時間は3分程度と、ガソリン車と変わらない使い勝手を実現した。

ホンダ クラリティフューエルセル

経済産業大臣政務官 星野 剛士氏は、「本日、クラリティ フューエル セルに乗り、改めて水素社会実現に向けたホンダの強い情熱を感じました。水素社会実現の主役であるFCVと水素ステーションの普及に向けて、今後もホンダをはじめとする自動車メーカーや水素ステーション事業者など、関係者と密に連携しながら、官民を挙げて取り組みを進めてまいります」とコメント。

また、ホンダ代表取締役社長 社長執行役員 八郷 隆弘氏は、「水素社会の実現に向けて官民一体となって取り組む中、クラリティ フューエル セルの第一号車を経済産業省にお納めできることを喜ばしく思います。今後もさらに技術を磨き、お客様がよりお求めやすい価格の魅力あふれるFCVをお届けしていくことで、FCVの普及と水素社会の実現に貢献してまいります」と述べた。

ホンダ クラリティフューエルセル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ クラリティフューエルセル の関連記事

ホンダ クラリティフューエルセルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ クラリティフューエルセル の関連記事をもっと見る

ホンダ クラリティフューエルセル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円