autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン、パサート

自動車ニュース 2006/4/28 19:00

フォルクスワーゲン、パサート

 フォルクスワーゲンは、1,400万台目のパサートが4月27日エムデン工場をラインオフしたと発表した。パサートはミディアムセグメントで最も人気があるモデルの一つで、ドイツにおいて同セグメントで最も売れている車種です。

 1,400万台目のパサートのラインオフにあたり、エムデン工場長のジークフリート フィービヒは「パサートは屈指の安全性と品質、そして経済性を象徴するモデルです」と述べました。ドイツのビルト アム ゾンターク誌の「ゴールデン・ステアリングホイール賞」、ドイツADAC自動車クラブの「Gelber Engel(消費者賞)」や「Auto1 アワード」の受賞など、ここ数ヶ月専門家、ジャーナリスト、そしてお客様から新型パサートに寄せられた数々の賞賛がそのことを物語っています。記念すべき1,400万台目となったのはリフレックスシルバーのパサート ヴァリアント4MOTION 103kW(140PS)。

エムデン、ツヴィッカウ/モーゼル(ドイツ)、上海(中国)、アンシエッタ(ブラジル)の世界各地にあるパサート シリーズの生産工場では、稼働日あたり2,900台のパサートが製造されています。ヨーロッパのNo.1自動車メーカーであるフォルクスワーゲンは、昨年合計約600,000台のパサートを世界中のお客様にお届けしました。パサートの主な市場は、ヨーロッパではドイツ、イギリス、フランス、スペイン、イタリアのほか、アジア、アメリカとなっています。

また、フォルクスワーゲン ブランドは、2006年第1四半期の全世界販売台数で新記録を樹立。1月から3月までの3ヶ月間で795,000台を販売しました(前年同期比 +15.7%)。最も堅調な伸びを見せたのは中国で(144,800台、前年比+32.2%)、続くアメリカ(53,300台、+24.3%)、ドイツ(125,200台、+8.9%)、ドイツを除く西・中央ヨーロッパ(259,000台、+15.3%)でも大きく躍進しています。
この好調な販売に最も貢献しているのはいわゆる「ゴルフ ファミリー」の288,000台(ゴルフ、ゴルフ プラス、ゴルフ ヴァリアント[ワゴン]、ジェッタ)であり、それに次いで140,000台のパサート、パサート ヴァリアントとなっています。




パサート ヴァリアント 試乗レポート
今回のモデルチェンジで「ヴァリアント」と名称変更したパサートのワゴンタイプ。欧州をはじめ人気のヴァリアントを竹岡圭が試乗インプレッション。




オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!