autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マセラティ、グランスポーツ MCビクトリーを限定発売

自動車ニュース 2006/4/6 21:29

マセラティ、グランスポーツ MCビクトリーを限定発売

 マセラティの日本総代理店コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、「マセラティMC12」の2005年FIA GT選手権マニュファクチャラーズカップでの優勝を記念して、「マセラティ グランスポーツ」の新型限定モデル「マセラティ グランスポーツ MCビクトリー」を発売する。
デリバリーは今秋開始予定で、販売台数は世界限定180台、国内には10台限定で導入予定。日本での車両本体価格は、15,330,000円(税込)。

 「マセラティ グランスポーツ MCビクトリー」は、「マセラティ グランスポーツ」の基本性能をさらに高め、「マセラティMC12」譲りのドライビング・ダイナミクスを得られるようないくつかの改良と新しい装備を施している。ブルーカーボンファイバーで形成されたフロントとリアのスポイラー、およびフロントフェンダーに新たに取り付けられたイタリア国旗のエンブレムなどが外観上の特徴となっている。また、ボディカラーには「マセラティMC12」と同じブルーカラーの“Blue Victory”を新色に設定した。

 エクステリアでは、高速域でのフロントタイヤの接地性能という空力改善を命題にフロント・スポイラーを再設計、大型化。その結果、「マセラティ グランスポーツ MCビクトリー」は高速域において「マセラティMC12」同様、よりダイレクトで正確なステアリング特性がもたらす高い操縦安定性を達成している。

 インテリアには、外装と同様のブルーカーボンファイバーを使用。また、アッパー・ダッシュボードやドアパネル、レーシング・シートの中心部、ステアリング・ホイールのグリップ部にはアルカンタラとレザーの二つの素材を採用。センタートンネルにはシリアルナンバーを刻印したプレートを装着し、またフロントシートには「マセラティMC12」と同じバケット・タイプのカーボン製レーシング・シートが使用され、スタンダードシートから重量が20kgカットされている。