autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【F1 第3戦】マクラーレン、キミ・ライコネンが2位

自動車ニュース 2006/4/3 00:00

【F1 第3戦】マクラーレン、キミ・ライコネンが2位

 4番グリッドからスタートしたキミ・ライコネンは、オープニングラップ中に1台をオーバーテイクし、3位でスタート/フィニッシュ・ラインを通過。また、オープニングラップ中に多重クラッシュが発生したため、2周目からはセーフティカーの先導でレースが行われた。ファン-パブロ・モントーヤはスピンを喫し、6位に順位を落とした。

 モントーヤはラルフ・シューマッハー(トヨタ)をオーバーテイクすると、5周目にはマーク・ウェバー(ウィリアムズ)もパスし、4位にポジションを上げる。2度目のセーフティカー・ピリオドが明けると、ライコネンはジェンソン・バトン(ホンダ)にブレーキ競争を仕掛け、これをパス。2位に順位を上げた。モントーヤは、18周目に初回ピットストップ。9.4秒で所定の作業を終え、5位でレースに復帰する。ライコネンの初回ストップは21周目。こちらも9.4秒の静止時間の後に4位でトラックに戻った。その後4周で、ふたりはライコネンを先頭に、2、3番手につけた。

 34周目にもセーフティカーが出動。これをきっかけに、各車一斉に2度目のピットストップを行った。ライコネンの静止時間は16.7秒と長かったが、これはフロントウィングの左翼端板を破損し、新たなノーズ・セクションを装着したため。モントーヤもライコネンに続き、11.3秒で燃料補給とタイヤ交換を終了。トラックに復帰した時点の順位は、ライコネンが3位、モントーヤが6位だった。46周目の最終コーナー、モントーヤが大きくアウト側にはらみ、縁石に乗り上げる。この衝撃でエンジン・シャットオフ・スイッチが作動してしまい、リタイアを余儀なくされた。ライコネンはその後、1分26.045秒のファステストを記録しながら、ウィナー、フェルナンド・アロンソ(ルノー)の1.8秒後方の2位でチェッカーを受けた。


■コメント
キミ・ライコネン(2位)

「今日は勝てなかったが、少なくともルノーと同レベルのパッケージがあることが証明できたので、満足度はそれなりに高い。レース自体は荒れた展開だった。スタートではファン-パブロといいバトルができた。ジェンソンをオーバーテイクした時に右フロントをロックさせてしまい、タイヤにフラットスポットができた。おかげでバイブレーションが出てしまったが、その後も全開で攻め続け、フェルナンドと同じペースで走行できた。だが、いきなり右翼端板が破損してしまった。おそらくはバイブレーションのせいだと思う。その後はひどいアンダーステアに見舞われ、タイムを落とすことになった。残り21周時点でセーフティカーが入ってくれたので、すかさずピットに向かって新しいノーズと交換した。それから全力でプッシュしたが、4度目のセーフティカー・ピリオドでフェルナンドと僕の間にミッドランドが入ってしまったため、フェルナンドを脅かすほど