autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、2006年のモータースポーツ活動および支援計画を発表

自動車ニュース 2006/3/3 17:08

トヨタ、2006年のモータースポーツ活動および支援計画を発表


トヨタ自動車取締役社長 渡辺捷昭氏(右)
TMG会長 冨田務氏(左)

ラルフ・シューマッハ

ヤルノ・トゥルーリ

新型F1カー

2007年NASCAR参戦予定開発車
トヨタ・カムリ

SuperGT参戦予定開発車
新型 レクサス・SC430

フォーミュラ・ニッポン参戦車両
(モバイルキャスト チーム インパル)
 トヨタは、2006年のモータースポーツ活動および支援計画を発表した。「フォーミュラ・ワン世界選手権(F1)」、米国の「NASCAR」、日本の「SUPER GT」、「フォーミュラ・ニッポン」をモータースポーツ活動の柱とし、2006年の活動を推進する。

【F1】
 参戦5年目となる今年は、排気量の変更など車両規則の変更に対応する新型F1カー“TF106”を投入。ドライバーは昨シーズンと同じラルフ・シューマッハー、ヤルノ・トゥルーリの布陣で臨む。
 技術的要求も高いが生産にも役に立ち、また認知度アップにも貢献するので、今年はコンスタントに上位にランクし、また優勝を目指すと宣言。

【NASCAR】
 アメリカのレースだが、国際的に人気のモータースポーツ。「クラフツマン・トラック・シリーズ」に参戦チームを支援。米国向けピックアップトラック、トヨタ タンドラで参戦し、2005年は9回の勝利を収めマニュファクチャラーズでも2位と好成績。さらに今年は「ネクステル・カップ・シリーズ」および「ブッシュ・シリーズ」に関して、2007年にカムリでの参戦開始を決め、その準備を推進していくとしている。

【Super GT】
 今年の参戦車両は、セリカ、MR-S、スープラをはじめ、V8 4.5L エンジン(3UZ-FE)を搭載するレクサスSC430の新型車を投入する。

【フォーミュラ・ニッポン】
 今年から新たに、フォーミュラカーのトップカテゴリーである「フォーミュラ・ニッポン」へエンジン供給を開始する。V8 3Lエンジン(TOYOTA RV8-J)を7チーム13台に供給。

【その他】
 ドライバー育成プログラム、「トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム」(以下TDP)に関しては、小林可夢偉・平手晃平・中嶋一貴選手など、F3ユーロシリーズへの選手投入を始め、世界的に活躍するトップドライバーの育成を引き続き行う。
 また、モータースポーツの基盤を支える活動については、日本国内での入門フォーミュラカテゴリー「ESSO・フォーミュラトヨタシリーズ」や、「Netz Cup(ヴィッツシリーズ・アルテッツァシリーズ)」の開催などを継続的に行う。

 また、富士スピードウェイでのF1開催については、FIAからは現在のところ返答はないとのこと。

 トヨタにとってモータースポーツ活動は、技術面では開発にフィードバックされ、また認知度アップはファン作りにつながるとしている。


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!