autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、2006年Honda F1世界選手権参戦体制を発表

自動車ニュース 2006/2/20 18:43

ホンダ、2006年Honda F1世界選手権参戦体制を発表

2006年Honda F1世界選手権参戦体制
Hondaは今シーズン、チーム体制を一新し、Honda Racing F1 TeamとしてF1世界選手権に参戦する。また、エンジンサプライヤーとして、SUPER AGURI FORMULA 1にV8エンジンを供給する。

■大島裕志(広報・モータースポーツ担当執行役員)のコメント
「今シーズンは、我々Honda、現地ファクトリー、研究所が一体となってHonda Racing F1 Teamとして、F1世界選手権に参戦いたします。スタッフ一同、気持ちも新たに、優勝目指して全精力を傾けて参ります。1レース1レース、エキサイティングなレースが出来るよう、初戦から攻めのレースをやっていきますので、ご期待ください。また、SUPER AGURI FORMULA 1にはV8エンジンを供給し、サポートして参ります。様々な困難を乗り越え、日本のチームとしてF1にチャレンジする、このインディペンデント・チームに、ご声援をよろしく御願い致します。」


【Honda Racing F1 Teamの概要】
チームCEO ニック・フライ
エグゼクティブアドバイザー 和田康裕
シニアアドバイザー オットマー・サフナウアー
     
テクニカルディレクター ジェフ・ウィリス
シニアアドバイザー 関野陽介
     
スポーティングディレクター ジル・ド・フェラン
シニアアドバイザー 中本修平
     
ドライバー ルーベンス・バリチェロ
  ジェンソン・バトン
サードドライバー アンソニー・デビッドソン
     
所在地 英国ノーザンプトン州ブラックリー


【Honda Racing Development Ltd.(HRD)の概要 】
社長 和田康裕
副社長 オットマー・サフナウアー
テクニカルディレクター 関野陽介
エンジニアリングディレクター 中本修平
     
所在地 英国バークシャー州ブラックネル
活動内容 F1レース活動最前線基地として
   
本田技術研究所栃木研究所への技術的フィードバック
エンジンの開発サポートおよびメンテナンス など


【2006年Honda F1エンジンについて 】
名称 Honda RA806E
形式 2.4L V型8気筒自然吸気
特徴 昨シーズンのエンジンを大幅に上回るパフォーマンスを持つ、高回転、高出力エンジン(リッター当り比較)。最低重量、サイズ(ボア、ピッチ)などを規定する新レギュレーションの中で、Hondaの技術を、エンジン性能および信頼性向上と、車体パッケージングに活かしている。


【2006年車体について 】
名称 Honda RA106
特徴 空力性能を大幅に向上させ、ダウンフォースを十分に確保しながらドラッグの低減を実現。新V8エンジン、トランスミッションとの一体デザインパッケージにより、全走行領域でのパフォーマンスを向上させた。


【SUPER AGURI FORMULA 1の概要 】
チーム代表 鈴木亜久里
マネージングディレクター ダニエル・オーデット
チーフオペレーティングオフィサー ケビン・リー
チーフテクニカルオフィサー マーク・プレストン
ドライバー 佐藤琢磨
  井出有治
     
所在地 英国オックスフォード州ウィットニー ラングレー


オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!