autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ、ニュー911ターボを公開

自動車ニュース 2006/2/13 17:33

ポルシェ、ニュー911ターボを公開

 ポルシェAGは、第6世代となる911のトップモデル「ニュー911ターボ」を、2月28日にジュネーブモーターショーにて世界初公開する。

 ニュー911ターボ(タイプ997)の最高出力は353kW(480PS)/6,000rpmで、先代モデル(タイプ996)よりも60PS増加。この新しいトップモデルに搭載される3.6リッター水平対向エンジンがもたらすリッターあたりの出力は、98kW(133PS)という値。最大トルクも560Nmから620Nmに増加しており、その発生回転域までもが広くなり、1,950〜5,000rpm(先代モデルでは、2,700〜4,600rpm)の回転域で最大トルクを発生する。

 こうしたエンジン出力の増大により、ドライビングパフォーマンスが向上。6速MT搭載モデルでは、0-100km/h加速に要する時間は3.9秒。スタートから12.8秒で時速200km/hに到達。またこの911のトップモデルが5速のギアで記録する80-120km/h加速のタイムはわずか3.8秒。こうしたパフォーマンスの向上にもかかわらず、ポルシェの開発陣は燃費(EU基準)を10%削減することにも成功しており、走行距離100kmあたりの燃費は12.8リッターに改善されている。

 ティプトロニックSオートマチックトランスミッションを搭載した911ターボは、さらに驚異的なパフォーマンスを示します。設定の最適化により0-100km加速のタイムはわずか3.7秒。時速200km/hに達するまでに要する時間も12.2秒となる。

 また、このティプトロニックS(以下、Tip-S)仕様の911ターボは、柔軟性の点でもメリットを発揮します。80-120km加速では、トップから1段下の4速ギアで3.5秒のタイムを記録しています。またこのティプトロニックS仕様車も先代モデルを上回る低燃費を達成しており、その値は実に13.6リッターです(EU基準)。

 最高速度についてはどちらのトランスミッションの場合も同じで、共に時速310km/hをマークする。



オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!