autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 子連れのドライブも安心!赤ちゃんが泣きやむ楽曲を日産が無料配信

自動車ニュース 2016/3/9 12:09

子連れのドライブも安心!赤ちゃんが泣きやむ楽曲を日産が無料配信

関連: 日産
赤ちゃんのためのドライブミュージック「ココニイルヨ」
赤ちゃんのためのドライブミュージック「パピプペポロリン」

日産は、赤ちゃんのためのドライブミュージック「ココニイルヨ」と「パピプペポロリン」を制作し、3月7日より定額制音楽配信サービス「AWA」を通じて無料配信した。

「ココニイルヨ」、「パピプペポロリン」は、日産公式facebookやtwitterを通じて全国のママやパパに協力を得て、制作が実現したオリジナル楽曲で、ドライブ中、赤ちゃんが泣きだしたり愚図ったりしてしまった時にこの楽曲を流すことで、赤ちゃんが泣き止み落ち着く効果が期待できる。

楽曲は、赤ちゃんが興味を持ち易いと言われる5,000~6,000ヘルツの高い周波数を中心に作曲している。クルマの中は、密閉空間で外部から高い音が入りにくく、また逆にドライブノイズは低い周波数なので、5,000ヘルツ以上を中心に作曲したこの楽曲の高音を引き立てる効果があるという。

「ココニイルヨ」は始めに高い周波数の音で赤ちゃんの興味を引き、その後徐々に周波数を下げることで赤ちゃんを落ち着かせ、時間をかけて泣いている状態を沈静化する楽曲。また、「パピプペポロリン」は、赤ちゃんの持つ「いろいろな音に反応しやすい」という特性を利用し、赤ちゃんが興味を持つ音で刺激を与え、赤ちゃんを覚醒化し、泣きやませる楽曲となる。

この楽曲は、放送作家であり日産ソーシャルメディアプロジェクト 「にっちゃん情報局」編集長である、鈴木おさむ氏が作詞を担当した。日産公式facebookやtwitterなどで全国のママとパパに、「赤ちゃんを泣きやませるときや寝かしつけるときに使っているフレーズ」を募集し、集まった900件以上のことばを参考に、鈴木おさむ氏独自の視点で編集して制作したもの。

またこの楽曲は、過去に多くの赤ちゃんの泣きやみ効果が期待できる楽曲やおもちゃを手がけた、日本音響研究所が監修している。

日産は、共働きの夫婦が増加する昨今、赤ちゃんと2人だけでクルマに乗るママやパパのために、自動車会社として何ができるかを検討していた。実際、ママやパパに話を聞いていく中で一番多くあがった意見が、「クルマで赤ちゃんが泣いてしまう、というシチュエーションが多いのだが、子どもはチャイルドシートに乗せているので後ろにおり、運転席からあやす事もできずに困っている」という話だった。

そこで、自身も父となり子育てに励む鈴木おさむ氏、そして、赤ちゃんの泣きやみ効果が期待できる楽曲制作に数々の実績がある日本音響研究所と協力して、赤ちゃんとママやパパがともに楽しくドライブができるようになればという思いで、この楽曲を制作した。

対象年齢は生後半年から2歳未満を想定しており、クルマの中で聴くことを想定して制作している。

この楽曲は、定額制音楽配信サービス「AWA」で無料配信し、その後、日産ホームページ内からも無料でダウンロードできる予定となる。(3月下旬を予定)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 の関連記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29