autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日本初となるインドからの輸入車、スズキ新型「バレーノ」に注目!

自動車ニュース 2016/03/09 16:10

日本初となるインドからの輸入車、スズキ新型「バレーノ」に注目!

スズキ バレーノ XT [1リッターブースタージェットエンジン搭載]

スズキが3月9日より発売開始したコンパクトハッチバックモデルの新型「バレーノ」は、2015年10月からすでにインドで発売されている。スズキはこの「バレーノ」をグローバルカーとして、欧州をはじめとする世界各国へ順次輸出していくのだが、インドに次いで2番目に投入したのがこの日本だ。

生産は、スズキのインドの子会社「マルチ・スズキ社」の最先端工場の一つであるマネサール工場で行う。

インドからの輸入は初の試みとなるが、同工場では1983年12月に生産開始、2015年5月には生産台数1,500万台を達成という実績がある。

今回は、エクステリアとインテリアを中心に詳しく紹介する。

関連記事:スズキ新型「バレーノ」を発売…新開発の1リッター直噴ターボエンジンを搭載

◎新型バレーノフォトギャラリー

流麗でエレガントなスタイリング

スズキ バレーノ XG [1.2リッターデュアルジェットエンジン搭載]

◇「Liquid Flow(リキッドフロー)」をデザインテーマとしたエクステリア

・凝縮したエネルギーを前へ解き放つイメージを表現した、「Low&Wide」で力強くエレガントなスタイリング。

・光と影のハーモニーが作り出す豊かな面表情と、隅々まで神経を行き届かせた繊細なラインが、上質かつ優雅な躍動感を表現。

・キャビンに対して、しっかりと張り出したボディーと、全高を抑えることで、安定感のあるプロポーションを実現。

<フロント・リア>

・幅広のフロントグリルと特徴的な縦型のヘッドランプを採用した、先進的で上質な印象のフロントマスク。

・シャープな印象のLEDポジションランプを備えたディスチャージヘッドランプ。(XT、XTセットオプション装着車)

・インナーレンズによりLEDの光を拡散させ、均一に面発光することで先進的なイメージを演出するLEDリアコンビネーションランプ。(XT、XTオプション装着車)※XGには、面発光しないLEDリアコンビネーションランプを採用

・フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプを装備。(XTセットオプション装着車)