autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アウディ、新型「Q7」にディーゼルエンジン搭載のSモデルコンセプトを設定…世界初の電動式コンプレッサーを採用

自動車ニュース 2016/3/7 11:56

アウディ、新型「Q7」にディーゼルエンジン搭載のSモデルコンセプトを設定…世界初の電動式コンプレッサーを採用

Audi SQ7 TDI

アウディ 新型「Q7」にディーゼルエンジン搭載モデル「SQ7 TDI」が登場した。搭載される4.0TDIエンジンは、320kW(435PS)の最高出力と900Nmの最大トルクを発揮。世界初の電動式コンプレッサーが装着され、圧倒的な加速性能を実現している。その一方で、燃料消費量は100km走行あたりわずか7.4Lに抑えられている。

Audi SQ7 TDI
Audi SQ7 TDI

今回ゼロから開発し直されたV8 4.0TDIエンジンの排気量は3956cc。

排気により駆動される2つのターボチャージャーは、低中負荷領域では片方のターボチャージャーだけに排ガスが送られ、もうひとつのターボチャージャーは、高負荷領域においてのみ、追加される形で作動する。電動コンプレッサー(EPC)はふたつのターボチャージャーの働きを増大させ、排ガスの特力を必要としないため特に低回転域で効果を発揮。電動コンプレッサー(EPC)は、エア通路のなかで、インタークーラー下流のエンジンに近い位置に設置されている。

最高出力は320kW(435PS)、最大トルクは900Nm/1,000~3,250rpmで、0~100km/hは4.8秒。最高速度は250km/h(電子リミッター作動)に達する。新欧州ドライビングサイクル(NEDC)における、100km/h走行あたりの燃料消費量は7.4L(CO2排出量に換算すると194g/kmに相当)。

アウディAG技術開発担当取締役のDr. シュテファン クニウシュ氏は「先に発売したSQ5が市場で好評を得ていることを受け、私たちは、ディーゼルエンジンを搭載したSモデル コンセプトをQ7シリーズにも展開します。SQ7 TDIは、V8 TDIエンジンを搭載しながら、燃料消費量は6気筒モデルなみに低く抑えられています。SQ7 TDIに採用された新技術の電動式コンプレッサーは、多くのライバルに先んじた世界初の技術であり、“Vorsprung durch Technik”(技術による先進)というアウディのスローガンを改めて体現するものです」と述べている。

「SQ7 TDI」のオーダー受け付けは、ヨーロッパでは2016年春より開始される。ドイツでのベース価格は89,900ユーロとした。

アウディ Q7 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ Q7 の関連記事

アウディ Q7の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ Q7 の関連記事をもっと見る

アウディ Q7 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円