autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ・モータースポーツより、レーシングドライバー井原慶子さんが「セブリング 12 時間レース」に参戦

自動車ニュース 2016/2/29 17:50

マツダ・モータースポーツより、レーシングドライバー井原慶子さんが「セブリング 12 時間レース」に参戦

関連: マツダ
レーシングドライバーの井原慶子さん
シェイクダウン
シェイクダウンシェイクダウン

レーシングドライバーの井原慶子さんは、アメリカ最高峰のスポーツカーチャンピオンシップシリーズ・IMSA Weathertec Sports Car Championship 第2戦の「セブリング12時間レース」にマツダ USAの公式チームであるマツダ・モータースポーツから参戦する。

井原さんは、2012年よりWEC世界耐久選手権に3年間出場し、WECの表彰台に世界女性初で上るなど、女性ドライバーとして世界最高成績を獲得。これにより、FIAからWomen in Motorsport委員会のドライバー代表委員に選出され、日本ではJAF Women in Motorsport議長として、自動車産業およびモータースポーツ界での女性活躍促進活動を行ってきた。2015年は、この活動を促進するためにレース活動を休止していたが、2016年3月19日(土)にアメリカ・フロリダ州で行われる「セブリング12時間レース」で、LMP(ルマンプロトタイプ)のシートに復帰する。

マツダ・モータースポーツは、2016年より新パワーユニット「マツダ MZ-2.0T」を搭載してスポーツカーチャンピオンシップに参戦している。昨年まで、「SKYACTIV-D クリーンディーゼルエンジン」を搭載していたが、2017年からの車両規則変更によってディーゼルエンジンの使用ができなくなるため、一年前倒しして今年から新パワーユニットを採用し「マツダ MZ-2.0T」と名付けられた。「マツダ MZ-2.0T」は、2リットル直列4気筒DOHCのガソリン直噴レシプロエンジンで、ターボチャージャー過給することで、最大570馬力を発生する。

井原さんは、昨年12月にアメリカ・フロリダで行われた「マツダ MZ-2.0T」のエンジン開発テストに参加。2リットルターボの小型軽量エンジンをシェイクダウンし、チームメイトと共にマシンのポテンシャルを確認している。

3月19日(土)にアメリカ・フロリダ州で行われる「セブリング12時間レース」には、マツダ・モータースポーツから55号車と70号車が参戦するが、井原は、ジョエル・ミラー選手、トム・ロング選手と共に70号車をドライブする。

井原さんのコメント

「12月のシェイクダウンで1年ぶりにLMPのステアリングを握り、緊張しました。新エンジンは、小型で軽量ながら、今まで主流だったV6、V8エンジンに引けを取らずハイパワーでターボラグも少なく、ポテンシャルを感じました。マツダの「飽くなき挑戦」スピリットを胸に、北米マツダチームのチームメイトと力を合わせて優勝したいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします!」

なお、井原さんとマツダで行っている「Mazda Women in Motorsport」では、2016年より中期目標をかかげ、モータースポーツを楽しむ層の他に、世界で活躍する女性ドライバー・エンジニア・メカニックなどを育成することを1月のオートサロンで発表。第2期訓練生を3月の初旬に募集を開始する。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24