autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ルノー ルーテシア、エンジン改良でスムーズな乗り心地に

自動車ニュース 2016/2/25 11:01

ルノー ルーテシア、エンジン改良でスムーズな乗り心地に

ルノー ルーテシア
ルノー ルーテシア

ルノー・ジャポンは、ルーテシア インテンスおよびゼンをマイナーチェンジし、 2月25日(木)から販売する。

価格(消費税込)は、ルーテシア インテンスが239万9,000円、ルーテシア ゼンが219万9,000円となる。

ルーテシアは、6つのライフステージをひとつのサイクルと考えるデザイン戦略「サイクル・オブ・ライフ」の最初のステージに沿うモデルで、「LOVE」をテーマとする情熱的なデザインが特徴。

新型ルーテシア インテンス/ゼン(1.2L)は、エンジン、トランスミッション、インテリアデザイン(インテンスのみ)に変更を受け、より運転しやすく、デザインが際立つモデルとなった。

エンジンは、トルクが向上し、トランスミッションのギア比も変更されたことで、街中からロングドライブまでより運転しやすい特性に変更。また、ストップ&スタート機能も新たに搭載され、燃費性能が向上した。

シートは、両サイドにインテリアカラーに対応したカラーラインが入るデザインへと変更され、 ダッシュボード、ドアインナーパネルのカラーと調和した一体感のあるインテリアデザインとなった(インテンスのみ)。

ステアリングホイールは、GTと同形状のスポーティーなタイプへと変更された(インテンスのみ)。

オーディオ等を操作するセンターコンソールパネルに、ドライビングEco2機能等が追加。ドライビングEco2機能は、走行レポート、Ecoスコアリング、Ecoコーチングの3機能により、環境にやさしい運転をサポートする。

ルーテシア インテンス/ゼン

【ボディカラー】

インテンス:ルージュフラムM / ノワールエトワールM / マロンアルダンM / イヴォワール / ブルードゥフランス

ゼン:ルージュフラムM / ノワールエトワールM / グリカシオペM / ブラン グラシエ / ブルードゥフランス

【装備】

・ストップ&スタート機能追加(アイドリングストップ)

・シートデザイン変更(インテンスのみ ラインの色はルージュ、マロン、グレー)

・ステアリング形状変更(インテンスのみ GTと同形状)

・センターコンソールパネルの機能追加と表示の変更(マルチメディア機能、自動時計合わせ機能、ドライビングEco2機能が追加)

・一部樹脂パーツのシボ変更

・メタリック塗装料金の設定(ルーテシア インテンス/ゼン1.2Lは、メタリック塗装を選ぶと、32,400円追加)

ルノー ルーテシア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ルノー ルーテシア の関連記事

ルノー ルーテシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー ルーテシア の関連記事をもっと見る

ルノー ルーテシア の関連ニュース

ルノー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20