autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ ボンゴが遂に5速AT採用!さらに燃費向上に最大積載量もアップ!!

自動車ニュース 2016/2/4 17:49

マツダ ボンゴが遂に5速AT採用!さらに燃費向上に最大積載量もアップ!!

マツダ ボンゴバン
マツダ ボンゴトラック

マツダ株式会社は、「ボンゴバン」「ボンゴトラック」を商品改良し、2月12日に発売する。

価格(消費税込)は、ボンゴバンが188万1,360円から、ボンゴトラックが175万3,920円からとなる。

ボンゴシリーズの商品改良では、燃費性能を向上させ、全車がエコカー減税の対象となる。

また、ボンゴシリーズの最大積載量を増やし、2WD車で1,150kg、4WD車で1,000kgとして機能性を高めた。(数値は2名乗車時)

先代モデルでは4速だった自動変速機を、商品改良車では5速(5EC-AT)を採用、燃費性能を高めるとともに、登坂路や低速での走行時にも扱いやすくスムーズな走りを実現した。

さらに、4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)を全車に標準装備とした。

デザイン面では、ボディと同色のバンパーを採用しスタイリッシュな外観とし、内装もシート色をブラックとグレーの2トーンにするなどして質感を高めた。

ボンゴバン、ボンゴトラックの商品改良

全車が「平成27年度燃費基準」を達成

「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を達成(低排出ガス車4つ星認定を取得)し、「平成27年度燃費基準」を上回る燃費性能を実現。それにより全車が平成27年度エコカー減税の対象となる。

ボンゴバン、ボンゴトラックの全車のリアタイヤをシングルタイヤに統一

機種体系を変更し、ダブルタイヤ仕様を廃止し、全車をシングルタイヤ仕様とした。

ボンゴシリーズの最大積載量をアップ

先代モデルのバン、トラックの最大積載量は、750kg~1,000kg(シングルタイヤ車は、750kg~950kg)だったのを、商品改良車は全車1,000kg以上(2名乗車時)とした。

ボンゴバンのリアシートに「コンパクトフォールディングシート(オートロック機構付)」を採用

「コンパクトフォールディングシート(オートロック機構付)」の採用によって、「GL」のリアシート収納時(2名乗車時)の有効荷室床面長が従来比で325mm伸び2,160mmになった。

電子制御5速オートマチック(5EC-AT)を採用

5速オートマチック車の全車に電子制御5速オートマチック(5EC-AT)を採用。 ギアの多段化により、適切なギア比に変速制御して燃費性能を高めた。 また、静粛性の向上や登坂、追い抜き加速性能を向上させた。

4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)を標準装備

先代モデルではボンゴバンのシングルタイヤ車のみに設定されていた4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)を今回の商品改良ではボンゴバン、ボンゴトラックの全車に標準装備とした。

電波式キーレスエントリーシステムを標準装備

スタイリッシュなデザインによる質感向上

ボンゴバン、ボンゴトラックの全車に、「ボディ同色バンパー(フロントバンパー下部はブラック)」と「フルホイールキャップ(シルバー)」を採用した。

2WD車に4WD車と同じワイドフェンダーデザインを採用した。

ボンゴバン「GL」のグリルにメッキグリルを採用した。

ボンゴバン「DX」のリアエンブレムに成形品のメッキエンブレムを採用した。

ボンゴバン「DX」のバックドアガーニッシュを質感の高いピアノブラック塗装を採用した。

ボンゴバン「DX」のボディカラーに「アルミニウムメタリック」を追加しており2色から選択。(ただしルートバンでは「クールホワイト」1色のみ)

内装ではシートの色調をブラックとグレーの2トーンにして質感を高めた。

マツダ ボンゴバン 関連ページ

マツダ ボンゴトラック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ボンゴバン の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20