autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、2016年のTOYOTA GAZOO Racing活動計画を発表 ~2017年参戦のWRCも実車テスト開始~

自動車ニュース 2016/2/4 16:12

トヨタ、2016年のTOYOTA GAZOO Racing活動計画を発表 ~2017年参戦のWRCも実車テスト開始~

関連: トヨタ
WRC
TOYOTA GAZOO Racing新ロゴ

トヨタは、2016年のTOYOTA GAZOO Racing活動計画を発表した。

トヨタはモータースポーツ活動をクルマの持つ「夢」や「感動」をお客様にもたらす大切なものと位置づけ、TOYOTA GAZOO Racingの傘のもとで、「もっといいクルマづくり」に向け、人を鍛え、クルマを鍛える活動に取り組むと共に、クルマファン層を広げる活動まで一貫して取り組む。

来年からの参戦を予定している「FIA世界ラリー選手権(WRC)」は、ヤリス(日本名ヴィッツ)をベースとしたWRC参戦車を、2017年FIA規定に沿って開発し、着実に準備を進めていく。

さらに、「FIA世界耐久選手権(WEC)」、「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」、「全日本ラリー選手権」には、チーム名“TOYOTA GAZOO Racing”で参戦する。

WECでは、東富士研究所で開発された新しいハイブリッドシステムを搭載した新型「TS050 HYBRID」を投入し、年間タイトルの獲得と「ル・マン24時間レース」での初優勝を目指す。

参戦10年目の節目を迎える「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」では、LEXUS RCに加えTOYOTA C-HR RacingとLEXUS RC Fを新たに投入し、3台体制で参戦する。

米国では、引き続き「NASCAR」に参戦すると共に、南米「ダカールラリー」に参戦するトヨタ車体を支援する。

国内ではトップカテゴリーのレース「SUPER GT」、「スーパーフォーミュラ」に参戦、「スーパー耐久」には86で参戦する。

世界や日本で活躍できるドライバーを育成するためのプログラムとして、ラリーでは「TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラム」を、レースでは「TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)」を行う。

また、ユーザー自らが参加し楽しむモータースポーツの、「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」、「TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race」や「TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ」の開催をはじめとして、サーキット等でのイベント開催、全国販売店と連携した体感イベントの開催を推進する。

また、レース、ラリー、イベントの情報からレースやラリーでの経験を活かして商品化したGRMN、G's等の情報まで、WebやSNSを通じて、きめ細かく発信する。

TOYOTA GAZOO Racing活動を象徴するロゴも、2月4日よりリニューアル。

加えて、WRC、WEC、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、全日本ラリーに参戦する車両のカラーリングを統一化する。

活動および支援計画概要

FIA世界ラリー選手権(WRC)

ラリーは、トヨタの「もっといいクルマづくり」を推進するための最高の舞台のひとつであるという考えのもと、昨年初め、WRCへの復帰を決断。

2017年からの参戦に向け、トミ・マキネン チーム代表のもと、フィンランドを拠点に参戦準備を進めている。また、エンジンはTMG(Toyota Motorsport G.m.b.H)にて開発を進めている。

参戦車両は、ヤリス(日本名ヴィッツ)をベースとし、2017年のFIA規定に沿った車両を開発中で、実車テストを3月から開始する予定。

【TOYOTA GAZOO Racing】

チーム総代表:豊田章男

チーム代表:トミ・マキネン

車両:Yaris WRC(全長 3,910mm; 全幅 1,820mm)

エンジン:トヨタ エンジン(TMGにて開発中) 1.6L直噴ターボ(グローバルレースエンジン規定に準ずる)

タイヤ:ミシュラン製

FIA世界耐久選手権(WEC)

WEC(但し車両はTS040 HYBRID)

2012年より開催されているFIA公認の世界耐久選手権(2016年はメキシコを加えた全9戦)。

ルマン24時間レースはシリーズ第3戦(6月18・19日)、日本での富士6時間レースは第7戦(10月16日)として開催される。

トヨタは、TMGを本拠にTOYOTA GAZOO Racingとして、新型車の「TS050 HYBRID」で参戦予定。全9戦に2台でのエントリーを申請中。

日本の東富士研究所で開発されたTHS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)は、新エンジンと容量を増したモーター/ジェネレーターを前後に搭載し、四輪回生/力行システムをさらに進化させて臨む。また、この参戦活動で得られた先進ハイブリッド技術は、量産のハイブリッド車へと活かされる。

タイヤはミシュラン製を使用する。

【TOYOTA GAZOO Racing】

車両:TS050 HYBRID

ドライバー:

アンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴

ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉

ニュルブルクリンク24時間耐久レース

ニュルブルクリンク24時間耐久レース

5月26日(木)から29日(日)にかけてドイツで開催される第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レースに、TOYOTA C-HR Racing、LEXUS RC、 LEXUS RC Fの3台体制で挑戦する。

C-HR Racingはクロスオーバーコンセプト車両を活用した新たなクルマづくりへのチャレンジ、RCは昨年鍛え上げた信頼性と品質に更なる改善と新技術アイテムのトライ、RC Fはトムスが開発へ参画すると共にレース指揮を行うことで、トヨタの人づくり、クルマづくりをさらに促進する。

タイヤはブリヂストン製を使用する。

【TOYOTA GAZOO Racing】

車両:TOYOTA C-HR Racing

ドライバー:影山 正彦/佐藤 久実/吉田 広樹

車両:LEXUS RC

ドライバー:木下 隆之/松井 孝允/蒲生 尚弥

【TOYOTA GAZOO Racing With TOM'S】

土屋 武士/片岡 龍也/大嶋 和也/井口 卓人

NASCAR

米国トヨタ自動車販売(株)およびTRD-USAを通じ、引き続きNASCARのナショナルシリーズ全てに参戦する。

昨年に引き続きスプリント・カップ・シリーズおよびエクスフィニティ・シリーズにはトヨタ カムリを、キャンピング・ワールド・トラック・シリーズにはトヨタ タンドラを投入する。

タイヤは全カテゴリー グッドイヤー製を使用する。

【ジョー・ギブス・レーシング】

ドライバー:デニー・ハムリン(#11)/カイル・ブッシュ(#18)/カール・エドワーズ(#19)/マット・ケンゼス(#20)

【ファニチャー・ロー・レーシング】

ドライバー:マーティン・トゥルーエクス・Jr.

ダカールラリー

トヨタ ランドクルーザー200で参戦するトヨタ車体(株)のラリーチームであるTeam Land Cruiser TOYOTA AUTO BODY(TLC)を支援する。

2016年1月に行なわれた「ダカールラリー2016」では、343号車が市販車部門で3連覇を達成、342号車も5位で完走を果たした。

1号車:ニコラ・ジボン(ドライバー)/ジャン・ピエール・ギャルサン(コ・ドライバー)

2号車:三浦 昂(ドライバー)/ローラン・リシトロイシター(コ・ドライバー)

SUPER GT

■GT500クラス

国内レースのトップカテゴリー。直列4気筒2リッター直噴ガソリンターボエンジン(RI4AG)を搭載したLEXUS RC Fで参戦。LEXUS GAZOO Racingとして、TRDを通じチーム支援を行う。

【レクサス チーム ルマン ワコーズ(LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S)】

車両:WAKO'S 4CR RC F(#6)

ドライバー:大嶋 和也/アンドレア・カルダレッリ

【レクサス チーム ウェッズスポーツ バンドウ(LEXUS TEAM WedsSport BANDOH)】

車両:WedsSport ADVAN RC F(#19)

ドライバー:関口 雄飛/国本 雄資

【レクサス チーム トムス(LEXUS TEAM TOM'S)】

車両:未定(#36)

ドライバー:伊藤 大輔/ニック・キャシディ

車両:KeePer TOM'S RC F(#37)

ドライバー:ジェームス・ロシター/平川 亮

【レクサス チーム ゼント セルモ(LEXUS TEAM ZENT CERUMO)】

車両:ZENT CERUMO RC F(#38)

ドライバー:立川 祐路/石浦 宏明

【レクサス チーム サード(LEXUS TEAM SARD)】

車両:DENSO KOBELCO SARD RC F(#39)

ドライバー:平手 晃平/ヘイキ・コバライネン

■GT300クラス

GT300クラスには、ハイブリッドシステムを搭載する新型トヨタプリウスとLEXUS RC F GT3が参戦する。

【エー・ピー・アール(apr)】

車両:TOYOTA PRIUS apr GT(#30)

ドライバー:永井 宏明/佐々木 孝太

車両:TOYOTA PRIUS apr GT(#31)

ドライバー:嵯峨 宏紀/中山 雄一

【エルエム コルサ (LM corsa)】

車両:SYNTIUM LM corsa RC F(#60)

ドライバー:飯田 章/吉本 大樹

全日本スーパーフォーミュラ選手権

国内フォーミュラレースのトップカテゴリー。

TRDを通じ、直列4気筒2リッター直噴ガソリンターボエンジン(RI4A)を6チーム11台に供給する。

タイヤは2016年シリーズより、全車横浜ゴム製に変更する。

【プロミュー/セルモ インギング(P.MU/CERUMO・INGING)】

ドライバー:石浦 宏明(#1)/国本 雄資(#2)

【コンドー レーシング(KONDO RACING)】

ドライバー:未定

【スノコ チーム ルマン(SUNOCO TEAM LEMANS)】

ドライバー:小林 可夢偉(#7)/ナレイン・カーティケアン(#8)

【ケーシーエムジー(KCMG)】

ドライバー:中山 雄一(#18)

【チーム インパル(TEAM IMPUL)】

ドライバー:ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(#19)/未定(#20)

【チーム トムス(TEAM TOM'S)】

ドライバー:アンドレ・ロッテラー(#36)/中嶋 一貴(#37)

全日本ラリー選手権

全日本ラリー

昨年に引き続きTOYOTA GAZOO Racingは国内最高峰のラリー選手権に参戦する。

参戦車両は“TGR Vitz GRMN Turbo”。人材育成・車両開発のための技能伝承を目的にトヨタ社員がメカニックとして、車両製作からレース参戦まで一貫して参画する。

【TOYOTA GAZOO Racing】

車両:TGR Vitz GRMN Turbo

ドライバー/コ・ドライバー:未定

エンジニア:トヨタ社員

スーパー耐久

86で参戦する“トムススピリット”に2012年から協賛支援してきたTOYOTA GAZOO Racingは、本年も支援を継続し、“TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86”でシリーズ参戦。86を通じた“スポーツカーの楽しさ”を伝えていく。

【TOYOTA Team TOM'S SPIRIT】

車両:TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86

ドライバー:井口卓人/松井孝允/蒲生尚弥

参加型モータースポーツ

「クルマを操る」「クルマで走りを楽しむ」といったクルマ本来の魅力を楽しめる場を、全国の地域やサーキット等と連携し提供。

2016年は、ワンメイクレースに加え2015年までトヨタテクノクラフト・TRDが開催してきたTRDラリーチャレンジをTOYOTA GAZOO Racing活動に統合。

レース、ラリー両方の分野で参加型モータースポーツへの挑戦を目指す方々に向けた支援を充実させる。

【TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race】

ナンバー付車両で参戦できるレースとして開催。さらに多くの人に参加してもらえるよう昨年より実施している“プロフェッショナルシリーズ”と“クラブマンシリーズ”の2シリーズ制を今年も継続して実施する。

【TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race】

ナンバー付車両で参戦できるレースとして開催。

【TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ】

2015年までトヨタテクノクラフト・TRDが開催してきたTRDラリーチャレンジを、2016年からTOYOTA GAZOO Racingの活動に統合し、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジとして開催する。

クルマ好きの方が手軽にエントリーできる日曜日だけのワンデイラリー。北は北海道から南は九州まで全国各地で全16戦を開催予定。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27