autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ヤマハ、国内初となる“BLUE CORE エンジン”搭載の「NMAX」を発売

自動車ニュース 2016/1/28 15:43

ヤマハ、国内初となる“BLUE CORE エンジン”搭載の「NMAX」を発売

ヤマハ「NMAX」

ヤマハ発動機は、水冷4ストローク SOHC・4バルブ 124cc・FIの『BLUE CORE エンジン』を“MAXシリーズ”のDNAを受け継ぐ「NMAX」に搭載し、3月18日より発売開始する。

「NMAX」は、“Global Prestige City Commuter”をコンセプトに、欧州や日本で人気の「TMAX」、および欧州向け「XMAX」など、MAXシリーズのスタイルと走りの良さを原付二種(125ccクラス)に展開したモデルである。国内モデルとして初めて“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化した『BLUE CORE エンジン』を搭載。またABSも標準装備している。

製造は、同社のグループ会社 PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行う。

BLUE COREエンジン

“BLUE CORE”思想に基づき、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスし開発したエンジンを搭載した。

【主な特徴】

(1)VVA(可変バルブ)機構

エンジンの高燃焼効率に貢献しているのが、VVA(可変バルブ)機構である。吸気バルブの作動を、低中速側と6,000r/min以上の高速側で切り替えるもので、トルク特性と燃費に貢献させ、高速域では心地よい加速感をもたらす。混合気のタンブル促進を図るポートと燃焼室、FIセッティング等との効果が相まって“走りの楽しさ”を支える。

(2)冷却性とスペース効率に優れたラジエター

シリンダーには「DiASil(ダイアジル)シリンダー」(オールアルミ製)を採用、優れた放熱性と軽量化に貢献する。

高い冷却性はスペース効率を追求しながら達成している。小型ラジエターとクーリングファンをエンジン右側に、ウォーターポンプは左側に配しボディをコンパクト化、広いフットスペースを確保した。

ラジエターは水温に応じた冷却水循環を行う“バイパス式サーモスタット”方式とし、暖機時間も短く燃費性に貢献している。

(3)ロス馬力低減を図るオフセットシリンダーなど

シリンダー中心とクランクの中心を僅かにオフセットさせることで、サイズ増や重量増を避けながら摩擦ロスを低減するオフセットシリンダーを採用した。そのほか、ローラーロッカーアーム、小型ACMなど、随所にロス低減設計を図り燃費特性に貢献させた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!