autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スバル、「速く」「意のままに操る」改良を施し2016年のニュル24耐へ参戦 ~総監督は引き続きSTIの辰己英治氏~

自動車ニュース 2016/1/15 15:20

スバル、「速く」「意のままに操る」改良を施し2016年のニュル24耐へ参戦 ~総監督は引き続きSTIの辰己英治氏~

関連: スバル

富士重工業と同社のモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル株式会社は、2016年のSUBARU モータースポーツ活動についての概要を発表した。

ニュルブルクリンク24時間耐久レース

2008年から9年連続の出場となる第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ、5月26日~29日)に、WRX STIで出場。昨年に2011年、2012年に続く3度目のクラス優勝を果たしたSP3T*2クラスで2年連続4度目のクラス優勝を目指す。

2016年の参戦車両は、水平対向エンジンの持つ低重心、バランスの良さを最大限に活かし、コーナーリングスピードを向上。車体の軽量化および慣性モーメントの低減、空力性能、フロントダウンフォースの向上、レギュレーションの変更によるリストリクターの小径化に適したエンジンのセッテイング変更、さらには新タイヤの投入など、「速く」且つ、「意のままに操る」開発と改良を施した。

車両開発およびチーム運営を統括する総監督は、昨年に引き続きSTIの辰己英治が務める。

ドライバーは、昨年のクラス優勝メンバーを継続起用し、山内英輝選手(日本)、マルセル・ラッセー選手(ドイツ)、カルロ・ヴァン・ダム選手(オランダ)、ティム・シュリック選手(ドイツ)の4名体制で臨む。

SUPER GTシリーズ

日本国内最高峰のモータースポーツカテゴリーであるSUPER GTのGT300クラスに、SUBARU BRZ GT300にて参戦。

2016年の参戦車両は、2015年仕様車をベースにニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車両と同様、水平対向エンジンの持つ基本性能を最大限に活かし、コーナーリング性能とブレーキ性能を強化するために、フロントタイヤサイズを300/680R18から330/710R18へと変更。

また更なる軽量化、空力性能の向上、小慣性モーメントの実現、エンジン性能の向上などを施した。

チーム総監督はSTIの辰己英治が務め、チーム運営は、「R&D SPORT」(代表:本島伸次、神奈川県平塚市)が担当。ドライバーは、井口卓人選手と山内英輝選手を継続起用する。

グローバルラリークロス選手権

アメリカで人気のグローバルラリークロス選手権に参戦しているスバルラリーチームUSAに技術支援を行う。

サーキットレース、オフロードレース、ラリーの要素を併せ持つ、この競技においてもニュルブルクリンクやSUPER GTで培ったノウハウをつぎ込み、スバルの水平対向エンジン、シンメトリカルAWDの優位性を実証していく。

2016年シーズンは、信頼性向上に重点を置いたエンジン開発、車体の軽量化、剛性の強化、慣性モーメントの最適化などの技術支援を行っていく。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル の関連記事

スバルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル の関連記事をもっと見る

スバル の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20