autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、ピックアップトラック「タイタン・ウォリアーコンセプト」をデトロイトショーで世界初公開

自動車ニュース 2016/1/12 13:44

日産、ピックアップトラック「タイタン・ウォリアーコンセプト」をデトロイトショーで世界初公開

日産 タイタン・ウォリアーコンセプト
日産 タイタン・ウォリアーコンセプト

日産は、新型「2016タイタンXD」の発売に合わせて、オフロード向けにデザインした「タイタン・ウォリアーコンセプト」を、2016年北米国際自動車ショーにて世界初公開した。

より力強い存在感をこのコンセプトトラックに与えるため、全幅を量産モデルの2047mmから2200mmに拡大。また、18x9.5インチのアルミニウム合金製カスタムホイールを装着した37インチのオフロードタイヤを採用し、全高を量産車の1999mmから2070mmに高くした。

フロントグリルとヘッドランプは、技巧的で鋭い印象を強調したデザインに変更。また、フロントフェンダーとリヤフェンダーは大きく開き、力強さを前面に押し出した外観を実現した。

パワフルなディーゼルエンジンの冷却用に機能的なベンチレーターも加え、大きく広がるフードラインはフロントの大型スキッドプレート近くまでバランス良く伸び、屈強なフロントバンパーに繋がるデザインとした。

日産 タイタン・ウォリアーコンセプト日産 タイタン・ウォリアーコンセプト日産 タイタン・ウォリアーコンセプト日産 タイタン・ウォリアーコンセプト日産 タイタン・ウォリアーコンセプト

さらに、フロントとリアのカスタムLEDランプは、「タイタン・ウォリアーコンセプト」の存在感を強めている。ヘッドランプは日産の新しいデザインシグネチャーであるブーメラン形状を採用する一方、リヤコンビネーションランプは、組み込まれたLEDが「タイタン」の”T”のロゴを形づくり、幅広のテールゲートで分割されたようになっている。

「タイタン・ウォリアーコンセプト」の車体色は、「サンダー」というガンメタ色でカスタムペイントを施し、「マグマ」と呼ばれる特別色がアクセントとなる。

日産 タイタン・ウォリアーコンセプト
日産 タイタン・ウォリアーコンセプト日産 タイタン・ウォリアーコンセプト

頑丈さとパフォーマンスを重視した外観デザインに対し、インテリアは、スタイリッシュな中に快適性を持ち合わせたデザインとした。

シートには、強度が高いカーボン調のシート生地を使い、エクステリア同様に「マグマ」のオレンジ色がアクセントとなっている。その他のインテリアには炭素繊維、光沢感のあるクロムメッキ、マグマカラーのアクセントステッチが入ったレザーなどの素材が採用されている。

また、ステアリングホイールもカスタムメイドで、アルミニウムのブロックから削り出して作られている。

「タイタン・ウォリアーコンセプト」は、量産車と同じくカミンズ社製5.0L V8ターボディーゼルエンジンをベースとしているが、フロントとリアのサスペンションは新たに開発した専用システムを採用することで、耐久性や走行性能を大幅に向上させた。

日産は、2015年12月に発売した、カミンズ社製V8ディーゼルエンジン搭載の「タイタンXD」に加えて、2016年春に最大出力390ps・最大トルク624Nmを出力するV8ガソリンエンジンを搭載した「タイタンXD」と「タイタン」を発売する予定となっている。

日産 タイタン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 タイタン の関連記事

日産 タイタンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 タイタン の関連記事をもっと見る

日産 タイタン の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21