記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストン、北米で乗用車用ラジアルタイヤの生産拠点を増強

ブリヂストン、北米で乗用車用ラジアルタイヤの生産拠点を増強

ブリヂストン

ブリヂストンの完全子会社のブリヂストン アメリカス・インクの事業ユニットであるブリヂストン アメリカス タイヤ オペレーションズ・エルエルシー(以下、BATO)は、ノースカロライナ州ウィルソン工場の乗用車用ラジアルタイヤ(PSR)の生産能力を増強することを決定した。総投資額は約1億6,400万ドル(約197億円)で、今後5年間で段階的に増強を行っていく。

2016年上期着工の第一および第二段階として、合計約1億ドル(約120億円)を投資し、167,000平方フィート(約15,515平方メートル)の延床面積に先進的な生産設備・技術を導入、2018年までにウィルソン工場のPSR生産能力を現在の32,000本/日から35,000本/日へ増強する計画。

操業開始から42年の歴史を持つウィルソン工場は、当社グループの海外工場では最初にランフラットテクノロジー(RFT)採用タイヤの生産を開始するなど、イノベーションの先駆けとなってきた生産拠点。2016年には汎用リムにも装着可能なRFT採用タイヤ「DRIVEGUARD(ドライブガード)」の生産を開始することに加え、今回の増強によりグローバルでの競争力を更に高めていくとともに、多様化かつ拡大の続く市場のニーズにこれまで以上に対応していく。

同社グループは、2015年中期経営計画において技術・ビジネスモデルのイノベーションを掲げている。今回の北米事業における生産拠点の強化により、経営の最終目標である「真のグローバル企業」「業界において全てに『断トツ』」に向けて、従来以上に競争優位性のある製品をタイムリーにユーザーに供給する体制を構築して行く。

295d,ne39"5d04s="ad_ eboorxt/jw:hidd46761227-6'); }); <39 ,29490651s="ad_ eboorxt/jw:hl class="fll" id="div-gpt-ad-138484676129'4=,sc29'4=0ss=s="a計画