トヨタ トヨタ、2017年以降のモデル切り替えから車載通信機の搭載を拡大

記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、2017年以降のモデル切り替えから車載通信機の搭載を拡大

トヨタ、2017年以降のモデル切り替えから車載通信機の搭載を拡大

トヨタ

トヨタは、2017年以降のモデル切り替えから車載通信機(以下、DCM)の搭載率を高めると発表した。

まずは米国で展開し、その後、米国以外の地域にも順次対象地域を拡大、クルマの「つながる」化を推進する。

車両データの送信を行うDCMの搭載率向上を通じ、これまで以上に収集データを製品開発やアフターサービスに活用