autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース シボレー「キャプティバ」力強いスタイルになって登場! ~Apple CarPlayを標準搭載 ~

自動車ニュース 2015/12/22 11:02

シボレー「キャプティバ」力強いスタイルになって登場! ~Apple CarPlayを標準搭載 ~

シボレー キャプティバ

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、Apple CarPlayを標準搭載し、安全装備も充実したシボレー新型「キャプティバ」を2016年1月9日より発売開始する。

価格(消費税込)は、キャプティバが379万円、キャプティバ ラグジュアリーが414万円。

新型モデルは、中央にボウタイエンブレムを持つ大胆で精悍な新デュアルポートグリルとボディの四隅に、同モデルから装備された新しい2トーン19インチアルミホイールを配した力強いスタイルが特徴だ。

最大7名が乗れる十分な広さの室内空間(2−3−2の3列シート配置)を採用。今回発表した新型モデルから、さらに充実した安全装備が標準装備された。

新型モデルの主な特徴

Apple CarPlay

シボレーは、今回の新型モデルから新たに、様々なメディアに対応しているシボレーのインフォテイメントシステム「シボレーMyLink(マイリンク)」が標準装備され、さらに日本市場において自動車ブランドとして、いち早く“Apple CarPlay”を標準搭載し、Siri音声コマンドによる安全で充実したドライビングを実現した。

Apple CarPlay対応の統合制御ナビゲーションシステム「シボレーマイリンク」は、iPhone対応アプリで行っていることを車内の画面に直接表示、Siri音声コマンドによる安全な操作が可能となり、ハンズフリーで視線をずらすことなく、運転に集中したまま、電話、ミュージック、メッセージ等のiPhone機能とオーディオブック、Podcastといったその他のiPhoneアプリケーションの操作をこなすことが可能となる。

充実した安全装備(セーフティデバイス)

7人乗りミドルサイズSUVキャプティバは、Cool(かっこいい)、Fun(楽しい)、Freedom(自由)なシボレーのブランドコンセプトに、今回の改良モデルから、以下の充実した安全装備が標準装備された。

従来モデルにも標準搭載されていた収容人数7名分の3点式シートベルトや6エアバッグ、最新型のESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)やブレーキアシスト、ARP(アンチ・ロールオーバープロテクション)、HDC(ヒル・ディセント・コントロール)など、走行中のリスク低減のために必要なあらゆる装備とともに、より快適なドライブをサポートする。

(1)サイドブラインドゾーンアラート

車両の両サイドに備わるセンサーを利用し、死角に他の車両が走行中であることを知らせるシステム

(2)リアクロストラフィックアラート(後退時安全確認警告機能)

自車の後方を横切る車両や人の存在を警告するシステム

(3)パーキングアシスト(フロント・リア)とリアビューカメラ

◇フロントデザイン

新型モデルでは、フロント部分の大胆なデュアルポートグリルのデザイン、フォグランプ、アンダーガードのデザインが一新され、ヘッドランプにはスタイリッシュなLEDポジションランプも装備された。

◇インテリア

クラスターメーターと、インテリアトリムパネル等が変更されている。

◇ボディカラー

サミットホワイト、カーボンフラッシュメタリック*、スノーフレークホワイトパール*

*は有償ボディカラー:64,000円(消費税込)

シボレー キャプティバ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー キャプティバ の関連記事

シボレー キャプティバの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー キャプティバ の関連記事をもっと見る

シボレー キャプティバ の関連ニュース

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23