autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース キャデラック「エスカレード」にApple CarPlay標準搭載モデルが登場

自動車ニュース 2015/12/18 14:37

キャデラック「エスカレード」にApple CarPlay標準搭載モデルが登場

キャデラック エスカレード

ゼネラルモーターズ・ジャパンのブランドの一つであるキャデラックは、Apple CarPlayを標準搭載し、安全装備も充実させた「エスカレード」を2016年2月から発売開始する。

また、既に、エスカレードに合わせてシステムアップした音響専用システム「Boseプレミアムセンターポイントサラウンドサウンドシステム」の16個のプレミアムスピーカーにより、Apple CarPlayの機能の一つであるミュージックを聴く際、まるでコンサートホールにいるような臨場感のあるサラウンドサウンドを楽しむことができる。

消費税込価格は「エスカレード プレミアム」が12,490,000円、「エスカレード プラチナム」が13,490,000円となっている。

◎関連記事:新型「キャデラック エスカレード」2015年モデルを発表

Apple CarPlay

キャデラック Apple CarPlay

今回の改良モデルから、日本市場において、自動車ブランドとしていち早く“Apple CarPlay”を標準搭載し、Siri音声コマンドによる安全で充実したドライビングを実現。

Apple CarPlayでは、iPhone対応アプリで行っていることを車内の画面(CUE)に直接表示、Siri音声コマンドによる安全な操作が可能となり、ハンズフリーで視線をずらすことなく、運転に集中したまま、電話、ミュージック、メッセージ等のiPhone機能とオーディオブック、Podcastといったその他のiPhoneアプリケーションの操作をこなすことが可能となる。

Apple CarPlay対応の統合制御ナビゲーションシステム「CUE(キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス)」は、標準装備され、VICS 3メディア対応大容量(16GB)SDナビゲーション、地上デジタルTV内蔵で、より見やすくより便利で使いやすくなった。

安全装備(セーフティデバイス)と防犯システム

「エスカレード」は、アクシデントが発生する前とその最中、そして、アクシデント後にわたり乗員を保護する新しい安全技術を採用した。

◆新採用された安全装備:レーンキープアシスト

ドライバーが不注意で車線からはみ出た際に、それをカメラで検知し、パワーステアリングの制御によって、車線から逸脱しないようにサポートするレーンキープアシストが新たに採用された。この機能により、さらに運転中の負担が軽減される。

◆ドライバーの運転操作をアシストする機能「サラウンドビジョン」

「サラウンドビジョン」は、車内の「CUE」の画面上で確認する機能になり、車両の上方から見下ろしたような感覚で駐車時の安全な操作をアシストするカメラシステムで、360度の映像により、バックでの駐車の他、縦列駐車でのアシストにも役立つ。同モデルでは、従来の「サラウンドビジョン」に8km/h以下での走行時に、リアビュー画面からフロントビュー画面が任意で切り替えができる機能が追加された。

このほかにも、セグメントで唯一を採用されているフロントセンターエアバッグや、GMが独自に開発し特許を取得した「セーフティアラートドライバーシート」、盗難防止機能などが装備されている。

各機能の更に詳しい説明はこちら

キャデラック エスカレード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック エスカレード の関連記事

キャデラック エスカレードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック エスカレード の関連記事をもっと見る

キャデラック エスカレード の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24