autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、新型「デリカD:2」を発売 ~マイルドハイブリッド採用で燃費27.8km/Lに~

自動車ニュース 2015/12/17 13:57

三菱、新型「デリカD:2」を発売 ~マイルドハイブリッド採用で燃費27.8km/Lに~

三菱「デリカD:2」
三菱「デリカD:2」三菱「デリカD:2」

三菱はコンパクトミニバン新型「デリカD:2」と、専用デザインで魅力を高めた「デリカD:2 カスタム」を12月17日より発売開始した。

デリカD:2は、ミニバン「デリカシリーズ」のエントリーモデルとして2011年より販売。コンパクトでありながら広々とした室内空間、利便性に優れた後席両側スライドドア、多彩なシートアレンジ、優れた燃費性能を実現する1.2Lエンジンなどを特長としていた。

今回のフルモデルチェンジでは、マイルドハイブリッドシステムを採用し、優れた低燃費27.8km/L[2WD](JC08モード)を実現した。また、予防安全技術『e-Assist』の機能をさらに向上させて採用している他、室内空間を拡大しながら徹底した軽量化を実施した。

消費税込み価格は、「デリカD:2」が1,787,400円~2,187,000円、「デリカD:2 カスタム」が1,963,440円~2,089,800円となっている。

▼主な特長

グレード展開

・基本装備の「HYBRID MX」、充実装備の「HYBRID MZ」、ナビゲーションシステムを標準装備とした「HYBRID MZ Navi Package」、カスタムモデルの「CUSTOM HYBRID MV」の4グレード展開とし、全グレードに2WD/4WDを設定した。

・全車で優れた燃費性能と加速性能を実現するマイルドハイブリッドシステムと、最新の予防安全技術「e-Assist」を採用。

三菱「デリカD:2」

エクステリア

・標準モデルでは、ヘッドランプのLEDポジションランプと連動して点灯するLEDイルミネーションランプを組み込んだ存在感のある大型のメッキグリルを採用している。また、ディスチャージヘッドランプ、電動格納式リモコンドアミラー(LEDサイドターンランプ付)を採用し、上質感を高めた。(「HYBRID MX」を除く)

・カスタムモデルでは、LEDヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付)を上段、LEDポジションランプを下段に配置した2段式とすることで、精悍な表情を生み出している。また、フロントグリルはスポーティなブラック基調にLEDイルミネーションランプを配し、マルチリフレクターのハロゲンフォグランプを採用することで、アグレッシブなイメージとした。

・ホイールでは、安定感のある10本スポークタイプのアルミホイールを標準モデルに採用、カスタムモデルでは力強い8本スポークのラウンドリムタイプのアルミホイールとしている。

・標準モデルのボディカラーは、ピュアホワイトパール、ブーストブルーパールメタリックなど、すべてが新色の全6色展開。また、カスタムモデルでは、ファーベントレッド/ブラックとプレミアムシルバーメタリック/ブラックの2つの2トーンカラーを含む、すべてが新色の全6色展開としている。

三菱「デリカD:2」

インテリア

・標準モデルは、内装基調色をチャコールグレー&ブラック、シート生地は落ち着きのあるブラウンとし、居心地がよく寛げる居住空間とした。

・カスタムモデルは、内装基調色をブラックとし、ピアノブラックやシルバーの加飾による光沢感で、洗練されたスポーティな居住空間を実現。シート生地は、ベースのグレーにアクセントのダークパープルを配して上質感を高めている。

・インパネは、センターメーターによるシンメトリーなデザインの採用、及びインパネ上部の高さと前後長を抑えることにより開放感を表現。また、シャープなシルバー加飾により、左右への広がり感を演出している。

三菱「デリカD:2」

パッケージング

・プラットフォームを新開発し、軽量・小型の新型1.2Lエンジンを最適配置した。これによりエンジンルームを最小化、またホイールベースを延長(先代モデル比+30mm)、クラストップの居住空間を確保した。

・インパネなどの張り出しを極力抑えるとともに、フロントシート間の距離を拡大したことで、前後と後席間の移動がよりスムーズになった。さらに後席スライドドアの開口長を640mm(先代モデル比 +60mm)に拡大し、よりスムーズな乗り降りを可能にしている。

・ホイールベースの延長により直進安定性を向上させながら、最小回転半径を4.8m(先代モデル比 -0.2m)として取り回し性を高めた。

三菱「デリカD:2」

最新の予防安全技術「e-Assist」

・衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」(ステレオカメラタイプ)は、フロントガラスに装備した左右ふたつのステレオカメラが、前方の車両や歩行者を検知・認識し、衝突の危険があるときは、ブザー音とメーター内の警告灯で注意喚起するとともに、自動ブレーキで衝突の回避または衝突被害の軽減を図る。

・「誤発進抑制機能(前進時)」は、停車~約10km/h以下の走行時に、フロントガラスに装備した左右ふたつのステレオカメラが前方(約4m以内)に車両や障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスにより、アクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合、ブザー音とメーター内の表示で注意喚起するとともに、エンジン出力を抑制。発進をゆるやかにし、衝突被害の軽減を図る。

・走行中に前方不注意等で車線をはみ出した場合(車線逸脱警報機能)、車両が蛇行しシステムが「ふらつき」と判断した場合(ふらつき警報機能)、信号待ち等で停車中に先行車が発進し4m以上距離が離れても自車が停車し続けた場合(先行車発進お知らせ機能)には、ブザー音とメーター内の表示灯で運転者に注意喚起を行う。

・緊急制動を後続車に伝える「エマージェンシーストップシグナル」や、坂道発進時、一時的にブレーキを作動させ、車両の後退を抑制する「ヒルホールドコントロール」を全車に標準装備し、安全性を高めている。

三菱「デリカD:2」

燃費性能・走行性能

・先代モデル比で約-100kgの徹底した軽量化と、高効率・軽量・小型化し新型エンジンとマイルドハイブリッドシステムの採用により、優れた低燃費27.8km/L〈2WD〉(JC08モード燃料消費率)を実現した。

・新型1.2Lエンジンを新たに採用し、低回転域でのトルク性能を高め、力強い加速性能を実現した。

三菱「デリカD:2」

三菱 デリカD:2 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 デリカD:2 の関連記事

三菱 デリカD:2の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 デリカD:2 の関連記事をもっと見る

三菱 デリカD:2 の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23