autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ダンロップ、低燃費タイヤ「ル・マン4」の低燃費性能をさらに向上

自動車ニュース 2015/12/14 14:44

ダンロップ、低燃費タイヤ「ル・マン4」の低燃費性能をさらに向上

低燃費タイヤ「LE MANS 4」

住友ゴム)は、独自技術である特殊吸音スポンジ「サイレントコア」を搭載した快適で長持ちする低燃費タイヤ「ル・マン4」の一部サイズについて、ラベリング制度における転がり抵抗性能を「A」から「AA」に高め、低燃費性能をさらに向上させた。発売は2016年2月からで、発売サイズは40サイズ、価格はオープン価格。

「ル・マン4」は優れた低燃費性能と耐摩耗性能に加え、高い静粛性能と乗り心地をバランス良く保った、快適で長持ちする低燃費タイヤで、同社独自の新材料開発技術「4D NANO DESIGN」(フォーディーナノデザイン)により開発した「新シリカ用変性ポリマー」などを採用することで、ラベリング制度における転がり抵抗性能を「A」から「AA」に高め、低燃費性能をさらに向上させた。

低燃費タイヤ「LE MANS 4」

特長

■「新シリカ用変性ポリマー」をトレッド部※2に採用することで低燃費性能を向上

「4D NANO DESIGN」により開発した、スチレンの分散性を高めた「新シリカ用変性ポリマー」採用により、ウエット性能を確保しつつ、凝集して発熱しやすいスチレンを分散して配置することで、ポリマーの発熱を抑制し、転がり抵抗を低減。

■特殊吸音スポンジ「サイレントコア」搭載による高い静粛性能

独自技術である特殊吸音スポンジ「サイレントコア」をタイヤ内部に搭載することで、従来の技術では解決することが難しかった空洞共鳴音を大幅に低減し、高い静粛性能を実現。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!