autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ、同社初のEVを2020年末までに発売 ~投資額は約10億ユーロ~

自動車ニュース 2015/12/7 17:23

ポルシェ、同社初のEVを2020年末までに発売 ~投資額は約10億ユーロ~

関連: ポルシェ
ポルシェ ミッションE

ポルシェAGの監査役会は、同社初となる100%電気自動車のプロジェクト「ミッションEプロジェクト」を推進することを12月4日に決定したと発表した。Dr.オリバー・ブルーメは、

「ポルシェはこれによってスポーツカーの歴史の新たな章を始めることになります」

とコメントしており、同EVを2020年末までに発売するとしている。

ポルシェ ミッションE

ミッションEプロジェクトによって、ポルシェは再生可能な成長の道を歩み続けていく。シュトゥットガルト-ツッフェンハウゼン地域だけでも1,000以上の新しい雇用が生まれるとし、この本社工場付近だけでも約7億ユーロの投資を行うとする。

また、今後数年の間に新しい塗装工場と組立工場が建設され、現行のエンジン工場は電気モーター生産のために拡張されることになる。現在稼働中のボディ工場も拡大され、方針に従ってヴァイザッハのR&Dセンターなど、別の地域への投資も加わっていく。

ポルシェ ミッションE

ミッションEコンセプトカーは、9月に開催されたフランクフルト国際モーターショー(IAA)でワールドプレミアを果たした。

観客は何よりもそのエモーショナルなデザインに心を掴まれた。Eパフォーマンスというキャッチフレーズとともに、この最先端技術のパイオニアは傑出したパフォーマンスと、最上級の現代的な実用性を兼ね備えている。

4つの独立したシートを備えた4ドアボディには600PS(440kW)を超す出力が隠されている。これによりミッションEは0‐100km/h加速を3.5秒以下でこなし、500km以上の航続距離を可能とする。

この車専用に開発された現代の一般的なクイックチャージの2倍に相当する800Vのチャージャーユニットを介して、車両フロア部に搭載されたリチウムイオンバッテリーは僅か15分の充電で最大航続距離の80%に相当するエネルギーを充電することが可能となっている。

ポルシェAGの監査役会会長であるDr.ヴォルフガング・ポルシェは、以下のようにコメントしている。

「ミッションEによって我々はこのブランドの将来像をはっきりと示すことになります。激動する自動車の世界において、ポルシェは魅力的なスポーツカーの第一人者の地位を確保します」

取締役会社長のDr.オリバー・ブルーメは

「我々は電気モビリティに対して堅い決意のもと挑戦します。完全な電気自動車スポーツカーの分野においてもポルシェの哲学は揺らぐことなく、顧客に対してマーケットの中で最もスポーティで技術的に洗練されたモデルを提供していきます」

さらにブルーメは、このプロジェクトが技術の中心であり、ドイツ自動車産業の中心でもあるシュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンの工場で生産されることも強調した。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ の関連記事

ポルシェの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ の関連記事をもっと見る

ポルシェ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円