autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ルノー・日産アライアンス、EV200台をCOP21国際会議に提供

自動車ニュース 2015/10/27 10:09

ルノー・日産アライアンス、EV200台をCOP21国際会議に提供

ルノー・日産アライアンスは26日、世界最大の台数となるEVを国際会議に提供すると発表した。パリで開催される『第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)』のオフィシャル乗用車プロバイダーとして、11月30日~12月11日まで開催される同会議に200台の100%EVを提供する。

提供されるEVは、COP21の会期中に送迎サービスに使用され、400,000km以上の距離を、排出ガスを一切出さず*に走行する。なお、会議には世界195ヶ国から2万人以上の国連関係者が出席する予定となっている。

COP21に提供されるEVは、ルノーのサブコンパクトカー「ゾエ」、日産「リーフ」、日産の7人乗り商用バン「e-NV200」の3車種を予定しており、これらの車両は24時間体制で、ル・ブルジェにある会場間送迎に使用される。

国連が本会議で、送迎用車両にゼロ・エミッション車もしくは100%EVを使用するのは、初めてのことになる。

*新欧州ドライビングサイクル(NEDC)に基づき、走行中のCO2及び規制対象の排出ガス汚染物質の排出量がゼロと認定されたもの

200名のルノー・日産従業員がCOP21提供車両のドライバーに

COP21に提供される100%EVは、200名のプロドライバーチームと、ルノーおよび日産から集まった200名の有志が運転する。

ルノー・日産アライアンスは6月に、パリ在住もしくはパリ近郊に住む従業員を対象に、COP21に参加できる機会としてボランティアドライバーの募集を開始し、募集終了までに志願者は450名以上に上った。選ばれた200名のルノーおよび日産の従業員は、プロドライバーとともに同会議に向けて厳しいトレーニングプログラムを受ける予定だという。

アライアンスは、2010年後半に同グループ初のEV「リーフ」を発売して以来、全世界で累計267,000台以上のEVを販売しており、グローバルに販売されているすべてのEVの半数を占めている。

ルノー・日産アライアンスの会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏のコメント

「EVは、CO2の排出を大幅に削減することができる、実用的かつ経済的な移動手段です。そして、排出ガスを大幅に削減するだけでなく、規制対象の排出ガス汚染物質も低減することで、都会の大気質改善を促します。これにより、民間セクターはゼロ・エミッション社会への転換を加速することができます。また、ルノーと日産の従業員は、EV革命の最前線にいます。彼らの多くは既にEVを所有しており、ゼロ・エミッションモビリティとは何か、また、そのメリットを実証できるベストアンバサダーなのです」

日産 リーフ 関連ページ

日産 e-NV200 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 リーフ の関連記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/16~2017/8/16