autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フェラーリ、488スパイダーを日本初公開

自動車ニュース 2015/10/26 17:57

フェラーリ、488スパイダーを日本初公開

フェラーリ 488 スパイダー
フェラーリ 488 スパイダーフェラーリ 488 スパイダー

9月に開催されたフランクフルト国際モーターショーで発表された「フェラーリ 488 スパイダー」が日本初披露された。

「フェラーリ 488 スパイダー」はフェラーリが手がける歴代スパイダーモデルで、最も高い性能を誇り、最高出力670cv、最大トルク760Nm/3000rpmの3,902cc V8 ターボ・エンジンを搭載。可変トルク・マネージメント・システムにより、シフトアップに合わせてスムーズかつプログレッシブに強大なトルクを発生する。

0-100km/h 加速は3秒以内、0-200km/h加速は8.7秒という圧倒的なスポーツ性能を備える一方、ターボラグを徹底的に排除したことで、ターボエンジンでありながら、切れ味鋭いエンジン応答性能を実現した。

軽量かつ高性能なスペースフレームシャシーは、11種類もの異なる6000系アルミニウム合金が使われ、各部位の用途・要求に合わせてマグネシウムの含有率を変え、最適化を図っている。

また、ルーフに強度を持たせる構造を採用したことで、クーペモデルと同等のねじれ剛性および屈折剛性を実現し、総合的な車両のシャシー性能は、458 スパイダーと比べて23%向上した。

フェラーリ 488 スパイダー に搭載されるRHT(リトラクタブルハードトップ)は、458 スパイダーがミッド・リアエンジン車両に世界で初めて採用したもので、軽量なだけでなく、オープントップ状態でも3段階に調整可能なウインドストップ・ガラスが騒音その他の要素を遮断するなど、これまでのソフトトップに比べ進化している。

RHTの採用に合わせて車体の彫刻のような美しさを維持させると同時に、エアロダイナミクス性能も向上。特にエンジンカバーへの気流を整えるフライングバットレス、エンジンカバーに装備したリブ、さらにはボディ側面をダイナミックに演出するスカルプテッド・メッシュグリルを備えたエアインテークなどが特長となる。

フェラーリ 488 スパイダー は、フェラーリの歴史とともに歩んできた伝統的なミッド・リアエンジン・スポーツカーのプロポーションを備えていると同様に、搭載する8気筒エンジンは、等長ロングパイプを備えたエグゾースト・ヘッダーおよびフラットプレーン・クランクシャフトの採用によって、オープントップ状態でも決して耳障りなサウンドにはならず魅力的なサウンド効果をさらに高めた。

なお、今回は新色ブルー・コルサ(Blu Corsa)のエクステリア・カラーでデビューする。空の青に溶け込む Blu Corsa とネーミングされたこのカラーは、メタリック粒子の輝きがボディに一層の光沢を与え、量感に満ち溢れたフォルムを引き立てるとともに、2 層ペイント仕上げによる遊色効果によって表情を変化させる。

販売価格(消費税込)は3,450万円。納車に関しては来春以降が予定されている。

フェラーリ 488 スパイダーフェラーリ 488 スパイダーフェラーリ 488 スパイダーフェラーリ 488 スパイダーフェラーリ 488 スパイダー

フェラーリ 488GTB 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フェラーリ 488GTB の関連記事

フェラーリ 488GTBの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ 488GTB の関連記事をもっと見る

フェラーリ 488GTB の関連ニュース

フェラーリ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21