autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース エンブレムに七宝焼き、戦国時代の甲冑のような装備品、光岡・限定15台「リューギ ヤマト」発売

自動車ニュース 2015/10/22 15:36

エンブレムに七宝焼き、戦国時代の甲冑のような装備品、光岡・限定15台「リューギ ヤマト」発売

株式会社光岡自動車は、ミディアムクラスセダン「リューギ(Ryugi)」に限定台数15台の特別仕様車「リューギヤマト(Ryugi yamato)」を用意、2015年10月23日日(金)より全国一斉発売する。

彫刻的なフロントフェイスはクラシカルでありながら現代調の造形テイストでまとめられ、フロントフェンダーからショルダーラインの硬質な面を強調するため「シルバーライナー」と名付けられた極細のピンストライプは、一直線に飛ぶ強い打球のような力強さで車輌のサイドビューを引き締める。

「ヤマトブラック」と名付けられたインテリアパネル類は黒色で統一し、一転して専用本革シートや専用レザーフロントドアアームレストは、朱色に近い鮮やかな赤を使用し「ヤマトレッド」とされた。これらの配色は日本の伝統的な漆塗りからインスパイアされている。

さらに足元を精悍に際立たせるガンメタリックの17インチ専用アルミホイールや、槍のように鋭いボディサイドのドアプロテクションモール、アクセントとなるメッキミラーカバーなど、あたかも戦国時代の甲冑を思わせるような配色や装備品は、希薄になりつつあるヤマトダマシイを揺さぶるかのごとく、小気味良い緊張感をドライバーに与える。

また、フロントグリルやトランクに取付ける専用エンブレムには、墨色の七宝焼きを採用。七宝焼きとは主にガラス粉末を摂氏八百度の高温で焼成する伝統工芸のひとつで、安土桃山時代には法華経の「七宝ほどに美しい焼き物」であるとその名が付けられたという説もあるほどの逸品。

同社が昨年6月に発売した「リューギ」は、ハイブリッド車でありながらそのクラシカルなスタイリングが話題を呼んでいる。

現在は環境性能に優れたハイブリッド車が定着しているが、同社が昨年6月に発売したリューギは、ハイブリッド車でありながらクラシカルなスタイリングで人気を博している。

リューギ台数限定特別仕様車「リューギヤマト」車輌概要

特別装備品

サイドプロテクションモール/サイドマッドガード/メッキドアミラーカバー/専用17インチアルミホイール/専用七宝焼きエンブレム(フロント、リヤ)/専用ロゴステッカー/専用ピンストライプ/専用本革シート/専用レザーフロントドアアームレスト/専用インテリアパネルセット

発売日/平成27年10月23日(金)

限定台数/15台

ボディカラー/yamato black・yamato white

グレード及び車輌本体価格

15DX/3,412,800円(税込)

15DX 4WD/3,526,200円(税込)

HYBRID/3,823,200円(税込)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

光岡自動車 リューギ の関連記事

光岡自動車 リューギの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

光岡自動車 リューギ の関連記事をもっと見る

光岡自動車 リューギ の関連ニュース

光岡自動車 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17