autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース テスラモーターズ、自動運転が可能になった「ソフトウエア7.0」の提供を開始

自動車ニュース 2015/10/16 11:40

テスラモーターズ、自動運転が可能になった「ソフトウエア7.0」の提供を開始

テスラ モデルS「P85D」

テスラモーターズは、「モデルS」に、自動運転補助機能を含む新機能“ソフトウエア7.0“を発表した。

今回のアップデートにより、自動運転システムにオートステアリング、オートレーンチェンジ、自動駐車、そして側面衝突警告システムといった重要な機能が追加される。また、モデルS発売以降初となるディスプレイの大幅なビジュアルリニューアルも行われた。

モデルSは、インターネットを介して新しい機能をダウンロードして追加できる仕様で、さらに2014年10月の自動運転機能追加の発表以降に生産したモデルSには、自動運転機能を徐々に追加するためのハードウェアを搭載している。ソフトウエア7.0は、そのハードウエアを搭載しているモデルSに対し、北米から順次配信していくとしている。(日本では近日中に配信を開始する予定)

テスラ モデルS「P85D」

▽詳細

自動運転機能を実現するためのハードウェアは、フォワードレーダー、12の長距離超音波センサー、フォワードビューカメラ、そして高精度のデジタル制御式電動ブレーキアシストシステムである。長距離超音波センサーは、スピードに関わらずクルマの周囲4.8m以内のものを360度感知することができる。また、デジタルマップとGPSも装備した。

今回リリースされるソフトウェア、バージョン7.0では、アクティブセーフティーおよび利便性を高めるための機能が有効になる。これらの機能は、カメラ、レーダー、超音波、そしてGPSの4つのフィードバックモジュールを完全に統合したシステムにより実現。互いに補い合うモジュールは、テスラの全車両からのリアルタイムのデータフィードバックを受信し、学習して自らの機能を高める。

自動運転によりモデルSはレーンを逸脱することなく走行し、方向指示器の操作1つでレーンチェンジを行い、トラフィックアウェアクルーズコントロールを使ってスピードを管理。モーター、ブレーキ、そしてステアリングはデジタル制御され、正面と側面からの衝突事故を回避し、クルマが道路から逸れることを防ぐ。

テスラ モデルS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

テスラ モデルS の関連記事

テスラ モデルSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ モデルS の関連記事をもっと見る

テスラ モデルS の関連ニュース