autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ケンウッド、基本性能を重視したCD・USBレシーバー「RDT-181」を発売

自動車ニュース 2015/10/13 14:14

ケンウッド、基本性能を重視したCD・USBレシーバー「RDT-181」を発売

JVCケンウッドは、カーオーディオの新商品となるMP3/WMA/WAV/FLAC対応CD/USBレシーバー「RDT-181」を11月初旬より発売開始する。(WAV/FLAC対応はUSBのみ)

今回発売する「RDT-181」は、自動車販売、カーリース、レンタカー業界を中心とした特定販路に向けの新商品であり、カーオーディオに初めて触れるユーザーでも、わかりやすく簡単に操作できるよう基本機能を重視したモデル。

音声ファイルフォーマットは、MP3/WMA/WAVのほか、原音再生を忠実な音質で楽しめる「FLAC」に新たに対応。ユーザーが持っているメディアや音楽データに幅広く対応し、車内での音楽を高音質で楽むことができる。

主な特長

(1)原音に忠実な音質で再生できる音声ファイルフォーマット「FLAC」に新たに対応

原音に対して音質が劣化しない可逆圧縮方式の音声ファイルフォーマット「FLAC」に新たに対応。USBデバイスに収録した楽曲を高音質で再生が可能。

(2)ライティングバーイルミネーションを搭載した新デザインを採用

フェイスのシャープさを引き立てるライティングバーイルミネーションを搭載した新デザインを採用した。

(3)ワイドFM(FM補完放送)に対応

FM/AMチューナーを搭載。FMは、AMラジオのサイマル放送を行うFM補完中継局に対応し、99.0MHzまでのワイドFMが受信可能。

(4)Android搭載スマートフォンに収録した音楽を快適に操作できる「KENWOOD Music Play」を採用

Android OS4.1/Android Open Accessory Protocol 2.0(AOA2)に対応したケンウッド独自の音楽用無料アプリケーション「KENWOOD Music Play」を使用することで、Androidスマートフォンに収録された音楽をアーティスト、アルバムなどの項目から選択・再生が可能となり、快適に音楽を楽しむことができる。

(5)各種オーディオコントロール機能を搭載

・CDとAUX接続など、各ソースで変わる音量レベルを調整する「ボリュームオフセット機能」

・原音をよりクリアに再生する歪みの少ないハイパワーな「50W×4MOS-FETアンプ」を搭載

・8種類のイコライザーカーブをプリセット、音楽ジャンルなどに合わせて音質を選べる「dB イコライザーPRO」

・ロードノイズなどでかき消されやすい小さな音や低音を補強し聴きやすい音場に調整する「ドライブイコライザー」

・3段階で低音を調整できるバスブースト

・圧縮音源をリズミカルでリアリティーのある音で再現する「SOUND RECONSTRUCTION」

・小さい音量でも低音と高音を増強し、心地よい音を再生するラウドネス

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!