autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 圏央道 桶川北本IC⇔白岡菖蒲IC間が10月31日(土)に開通

自動車ニュース 2015/9/30 21:17

圏央道 桶川北本IC⇔白岡菖蒲IC間が10月31日(土)に開通

経済・観光の活性化に期待

国土交通省と東日本高速道路株式会社は、圏央道で未開通となっていた桶川北本IC⇔白岡菖蒲IC(埼玉県)について、10月31日(土)より開通すると発表した。

圏央道 桶川北本IC⇔白岡菖蒲IC間が10月31日(土)に開通

これにより、東名高速・中央道・関越道・東北道が直結することになる。

圏央道は茨城・千葉に未開通区域が残るものの、今回の開通により、沿線地域に物流施設や工場が進出するなどして雇用や投資の増加が見込まれる。

さらに、埼玉・東北道方面から湘南・鎌倉周辺への移動時間が、従来より約55分短縮されることで、観光交流の活性化が期待されている。

圏央道開通区間概要

圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、首都圏の道路交通の円滑化、沿線都市間の連絡強化などを目的とし、都心から半径およそ40~60kmの位置に計画されている総延長約300kmの環状自動車専用道路。

現在までに約230kmが開通している。

■今回開通区間の概要

路線名:国道468号首都圏中央連絡自動車道(圏央道)

開通期間:桶川北本IC(埼玉県桶川市川田谷)~白岡菖蒲IC(埼玉県久喜市菖蒲町上大崎)

開通日:平成27年10月31日(土)

延長:10.8km

車線数:4車線

開通IC:桶川加納IC

アクセス道路:(主)川越栗橋線

開通PA:菖蒲PA

圏央道 桶川北本IC⇔白岡菖蒲IC間が10月31日(土)に開通
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!