autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産「セレナ」、自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価で最高評価「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得

自動車ニュース 2015/9/28 21:52

日産「セレナ」、自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価で最高評価「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得

日産 セレナ
日産 セレナ

日産は、日産「セレナ」が平成27年度自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価で、最高評価となる「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得したと発表した。

自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価は、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)による、衝突が避けられない場合に自動でブレーキをかける技術などの先進安全技術を搭載した自動車の安全性能評価で、平成26年度より開始され、平成27年度からはバックビューモニター(後方視界情報提供装置)の評価も行われるようになった。

「セレナ」は、広い室内空間と使い勝手の良さ、低燃費を実現するS-HYBRIDシステムに加え、自動ブレーキ(エマージェンシーブレーキ)やLDW(車線逸脱警報)といった先進安全装備を標準化するとともに、アラウンドビューモニター(MOD[移動物検知]機能付)や踏み間違い衝突防止アシストも設定し、より安心して乗れるミニバンとして好評を得ている。

セレナに搭載されているエマージェンシーブレーキは、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーによりドライバーに回避操作を促すというもの。

万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、自動的に緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減するシステムとなる。

またLDWは、フロントカメラによりレーンマーカーを検知し、意図せずに走行車線から逸脱しそうな場合、メーター内の警告灯とブザーで注意を喚起し、クルマを車線内走行に戻す操作を促す。アラウンドビューモニター(MOD[移動物検知]機能付)は、クルマを上空から見下ろしているかのような映像により、直感的に周囲の状況を把握、スムーズな駐車と安全確認に役立つ。

それらの先進安全技術の優れた性能が、平成27年度の予防安全性能評価において認められ、最高評価となる「先進安全車プラス(ASV+)」獲得に寄与した。「先進安全車プラス(ASV+)」の獲得は、平成26年度評価における「スカイライン」、「エクストレイル」、「ノート」に続き4車種目となる。

日産は、セーフティーシールド「クルマが人を守る」という、より高度で積極的な安全に考え方に基づく技術開発、ならびに予防安全技術の標準化を進めており、更なる交通事故低減を目指している。

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20