autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース VW新型「ゴルフGTE」エクステリア&インテリアはブルーがアクセント

自動車ニュース 2015/9/10 09:38

VW新型「ゴルフGTE」エクステリア&インテリアはブルーがアクセント

フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」

フォルクスワーゲン「ゴルフ GTE」が9月8日より発売になった。同社初のプラグインハイブリッド(PHEV)モデルという点が注目されている。

オートックワンでもフォルクスワーゲンのPHEVについてお伝えしてきたが、今回はエクステリアとインテリアに迫る。

「ゴルフ GTE」のエクステリアとインテリアは、フォルクスワーゲンの「e-mobility」モデルシリーズを視覚的にイメージさせるブルーのアクセントを用いて、スポーツモデルの「ゴルフ GTI」とも関連性を持たせるようなパーツを随所に採用している。

エクステリア

フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」

C字型のフロントLEDランプは、フォルクスワーゲンの電気駆動システムを採用したモデルシリーズの一員であることを主張している。

ブルーのアクセントは、「ゴルフ GTI」同様、左右のヘッドライトまで伸び、ラジエーターグリルの水平バーのほかにも「GTE」エンブレムやフロントグリル中央のVWバッジ(縁取りがブルー)、さらには、ブレーキキャリパーまで統一して採用。

また、C字型のランプ、デュアルヘッドライト、ウインカー、パーキングライト、リアのテールランプ、ライセンスプレートの照明などに、電力消費量の少ないLEDを採用した。

フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」

インテリア

フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」

インテリアも同様に、シートのチェック柄やステアリングホイールとシフトレバーのステッチなどに、統一してブルーのアクセントを取り入れている。そのほか、専用のドアシルプレートとドアトリムのイルミネーションもブルーに光る仕組みだ。

「ゴルフ GTI」と似たタータンチェックのスポーツシートとブラックのデコラティブパネルは、スポーティでエクスクルーシブな雰囲気を強調している。その一方で、パワーメーターを備えた「ゴルフ GTE」専用のインストルメントパネルは、最新の電気駆動システムを備えたクルマであることをドライバーにさりげなくアピールしている。

フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」フォルクスワーゲン「ゴルフGTE」

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円