autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、人工知能の研究でMITとスタンフォード大学と連携

自動車ニュース 2015/9/7 11:00

トヨタ、人工知能の研究でMITとスタンフォード大学と連携

関連: トヨタ
トヨタ、人工知能の研究でMITとスタンフォード大学と連携トヨタ、人工知能の研究でMITとスタンフォード大学と連携トヨタ、人工知能の研究でMITとスタンフォード大学と連携

トヨタは、米国のマサチューセッツ工科大学のコンピュータ科学・人工知能研究所(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory:以下、CSAIL)およびスタンフォード大学のスタンフォード人工知能研究所(Stanford Artificial Intelligence Laboratory:以下、SAIL)と、人工知能に関する研究で連携していくことに合意した。

今後5年間でトヨタは、合計約5000万米ドルの予算を投じ、CSAILおよびSAILそれぞれと連携研究センターを設立、クルマやロボットへの応用を目指し、様々な環境における物体の認識、高度な状況判断、人と機械との安全な相互協調などを実現するための研究を推進する。

トヨタは、交通事故の更なる削減や高齢化社会の進展といった社会的な課題を背景に、安全を確保しながら、より多くのユーザーに移動の自由を提供するため、自動運転技術や高度運転支援システムの研究開発に取り組んできた。

ロボットの技術開発においても1970年代から産業用ロボットの開発に着手し、2000年代以降はパートナーロボットや生活支援ロボットの開発を進めるなど、技術を積み重ねてきた。

一方、コンピュータ科学や人工知能技術は、運転支援やロボット技術に更なる革新をもたらす可能性が高いだけでなく、社会活動全般に大きな変革をもたらすことが期待されている。

このような背景のもと、トヨタは今後の産業技術の基盤を担う人工知能に関する研究開発をより一層強化し、この連携研究の成果は自動車やロボット、情報サービスなど将来の製品開発に幅広く応用していくとしている。

トヨタの専務役員で技術開発本部長の伊勢清貴氏は「今回の連携では、クルマに留まらず、お客様の暮らし全般をより良いものにすることを目標に、研究に取り組んでいく。人工知能研究の最先端を走る米国のトップ2大学および、プラット博士との協力のもと、これまでにない新たなテーマに挑戦し、トヨタの研究開発を大きく飛躍させていきたい」と述べた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/16~2017/8/16