autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、フランクフルトモーターショーで「アウトランダーPHEV」を欧州初披露

自動車ニュース 2015/8/31 17:45

三菱、フランクフルトモーターショーで「アウトランダーPHEV」を欧州初披露

アウトランダーPHEVから住宅への電力供給をイメージも展示

三菱 アウトランダーPHEV

三菱自動車は、2015年9月15日(火)から[一般公開は17日(木)から]27日(日)まで、ドイツ・フランクフルト市の見本市会場(Messegelaende Frankfurt)で開催される第66回IAA 2015(66th Internationale Automobil Ausstellung、通称フランクフルトモーターショー)に、9月より欧州で販売を予定している新型『アウトランダーPHEV』を欧州初披露するほか、『アウトランダーPHEV』の「バハ・ポルタレグレ500」参戦車やその他市販車を含め、合計15台(プレスデー13台)出品する。

また、新型『アウトランダーPHEV』から住宅への電力供給をイメージした展示を行うほか、8月から欧州仕様の『パジェロ』に搭載しているAndroid Auto、Apple CarPlayに対応したスマートフォン連携ディスプレイオーディオを展示する。

新型『アウトランダーPHEV』は、三菱自動車の新しいフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」のもと、フロントデザインを一新したほか、インテリアの質感向上、さらにボディやシャシー、パワートレインなどにも改良を施すことによって、静粛性、加速性、操縦安定性、乗り心地、環境性能など、走りの性能や質感についても、大幅なレベルアップを図った。

『アウトランダーPHEV』は、世界初の4WD SUVプラグインハイブリッド車として、2013年1月に日本で発売を開始。その後、ヨーロッパなど計48ケ国に輸出し、累計で約7万台(2015年7月末時点)を販売した世界で最も売れているプラグインハイブリッド車で、停まっていても価値のある車の新しい使い方として、住宅へ電力を供給する機能を有する。

前後に独立したツインモーターと、ガソリン消費やCO2排出がゼロになるEV走行を可能とする大容量バッテリーを床下に配置した、先進の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載。ツインモーターによる滑らかな加速、EV走行による優れた経済性や静粛性の高さなど、これまでのSUVにはない優れた特長を併せ持ったプレミアムSUVである。

出品車一覧

・新型アウトランダーPHEV(欧州初披露)

・新型アウトランダーPHEV バハ・ポルタレグレ500参戦車(欧州初披露)

・新型アウトランダー

・L200(ダブルキャブ)(タイ名:トライトン)

・i-MiEV

・スペーススター(日本名:ミラージュ)

・パジェロ(スペイン名:Montero(モンテロ) /イギリス名:Shogun(ショーグン))

・ASX(日本名:RVR)

・ランサースポーツバック(日本名:ギャランフォルティス スポーツバック)

三菱 アウトランダーPHEV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダーPHEV の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26